☆MTBブーム☆  TREK 【エクスカリバー8】 、 スコット 【SCALE930】!!

今日はお休みをいただいておりますが、アップはしておきます〜(*^^*)

 

 

まずは、昨日アップされていました 「 ツールド妻有2017 秋 」 の

開催が決定したようなのでご紹介します。

 

10月29日(日)開催。

エントリー開始は、10月6日(金)からのようです。

 

詳細は → 「 こちらから 」 どうぞ。

 

70kmコースのみとなりますが、走りごたえのあるコースとなっています。

エントリー費が少し高めですが、今シーズン最後のイベントにいかがでしょうか??

 

エイドも充実しており、コース内には大地の芸術祭の展示がたくさんあります!!

ぜひエントリーのほうご検討よろしくお願い致します。

 

 

 

ちなみに ・・・ もう少しで発表となりますが、10月29日の同日に

 

【 ヨネックス プレゼンツ キナンサイクリングチーム & 山の神 森本選手と

一緒に走ろう会 ・・・ 田崎選手もいるよw 】

 

が、開催されると思います。。。 ( 告知前なので、もう少しお待ち下さい。 )

 

また詳細は後日、ヨネックス ロードバイクのFBなどでアップされると思いますので、

こちらもぜひ皆様のご参加お待ちしておりますm(_ _)m

 

※ こちらのほうは、チームフィンズ レース班・おはサイメンバーで

誘導ライダーを10名ほど募集します。詳しくはSTAFF KNTまでよろしくお願い致します。

 

 

 


 

「 ☆ MTBブーム ☆ お渡し & 入荷してきましたマウンテンバイクご紹介!! 」

 

 

ロードバイクも、マウンテンバイクも一緒に楽しんでいる方が増えてきました(*^^*)

初めての方も気軽に参加できる 【 長岡MTBフェスティバル 】 のほうも

まだエントリーOKです!!!

↓ ↓ ↓

詳しくは 「 こちらから 」 チェックしてみてください〜。

 

 

 

それでは、まずお渡しのマウンテンバイクからご紹介していきます。

 

 

 

 

TREK 「 エクスカリバー8 」 ¥111000(税別) です !!

 

先日もカラー違いのエクスカリバー8をお渡しさせていただきましたが、

2018年の大人気マウンテンバイクの一台です。

 

シマノの油圧ディスクブレーキ搭載で、ドライブトレインもシマノでアッセンブル。

リアディレーラーは、XTとなっています。

 

非常に始めやすい価格設定ながらも、質の高いパーツがついていまして

コストパフォーマンスに優れている1台です。

 

マウンテンバイクも楽しいので、色んなイベントに参加してみてくださいね〜\(^o^)/

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 

続きまして・・・

 

スコットの2018年モデルが入荷してきました。

 

 

 

 

スコット 「 SCALE 930 」 ¥269000(税別) です !!!

 

リオオリンピック、世界戦、そしてワールドカップと、6連勝中の

世界で一番速い MTB XC選手 「 ニノ・シューター 」が乗る 「 スコット 」。

 

そんなスコットの中で、2018年モデル。

 

「 これで王滝行けば、間違い無し!! 」 というモデルが、このSCALE930です。

 

少し高いと思いますが ・・・

軽量なフルカーボンフレームに、非常に動きの良いFOXのフロントフォーク(BOOST規格)。

シマノの油圧ディスクブレーキ搭載で、メインコンポは、SRAMのNX 11Sとなっています。

 

おそらく他社では、この仕様だともっと高額になってしまうところですが

スコットはできる限り下げてきていました。

 

あんまりフレーム・フォークを交換せずに、長く乗りたい!! という方に

オススメのバイクです。

 

カラーリングも、チャンピオン ニノ・シューター選手とほとんど同じカラーです。

 

店頭にて、ぜひ実車をチェックしてみてください〜\(^o^)/

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

ではでは・・・また明日アップします !!!

 

 

※ 長岡MTBフェスティバル、10月9日 エントリー締め切りです!!!

 

◎ お知らせ

 

 

◎【 お客様ご紹介キャンペーン!! 】

 

7月末まで開催中。 ご紹介していただいたお客様にもサービスあり!!

詳しくは 「 こちらから 」。

 

 

 

◎  初めての自転車イベントに。 
7月15日、16日(日・月祝)開催。

 

15日(日) 長岡MTBフェスティバル2018 第1戦 2時間耐久レース

16日(月・祝) 越後長岡チャレンジサイクリング2018

 

 

「 長岡MTBフェス 」 は、初めての方でも気軽に参加できるマウンテンバイクの2時間耐久レース。

MTBソロの部から、シングルスピードの部、ファットバイクの部、シクロクロスの部、

そして、2人〜4人で参加できるチームの部とカテゴリーに分かれています。

 

チーム同士ではマウンテンバイクの貸し借りがOKなので、

マウンテンバイクを持っていない方も気軽に参加できます。

 

参加費も激安で、参加費以上の景品がゲットできますので、初参加の方もお気軽にご参加ください。

 

「 長岡MTBフェス エントリーはこちら 」

 

 

そして、去年は1200名以上の参加者の皆さまからエントリーをいただきました、

7月16日開催 長岡の山岳ロングライドイベント 「 越後長岡チャレンジサイクリング 」

 

 

獲得標高2000mの超級山岳のメインコース 100km。

獲得標高1500mのチャレンジ ミドルコース 70km。

初参加・始めたばかりの方はショートコース 40km。

お子様と一緒に参加できるファミリコース 10km。

 

 

今年は3連休の最終日ということで、新潟・長岡の美味しい海の幸・山の幸・地酒を堪能し、

自然たっぷりの最高の山岳コースを走ってください!!(*^_^*)

 

 

エントリー締め切りは、6月10日まで。 「 スポーツエントリー 」 にて。

2018年も皆様のご参加お待ちしております!!!

 

 

 

 

◎ 2017モデル ロードバイク 「 入れ替えSALE 」 開始!!!!

「 こちらから 」

 

◎ マウンテンバイク特集!! 2018年おすすめニューモデル & 2017年 SALEバイク。

「 こちらから 」

 

◎ 2018 ロードバイク おすすめ・厳選 ピックアップ パート1。

「 こちらから 」

 

◎ 2018 ロードバイク おすすめ・厳選 ピックアップ パート2。

「 こちらから 」

 

* 2018年 人気モデルでも完売が出ています。 店頭にて在庫をチェックできますので

お気軽にご来店お待ちしております。

 

 

 

◎ フィンズ オンラインショップ開始!!!!

https://fins1991.base.ec/

少しずつ商品点数をアップしていきます。 ¥10000以上購入で、送料無料!!!\(^o^)/

遠方の方は、ぜひご利用ください〜☆

載っていないものがあれば、メールでもご注文可能です。

↓ ↓

fins1991@major.ocn.ne.jp

 

 

 

 

お店の紹介 (シクロワイアード様) : http://www.cyclowired.jp/shop/node/184461

フィンズ HP  ・・・ http://www.cw-fins.com/

STAFF KNTのブログ ・・・ STAFF KNTの自転車塾

フィンズ Twitter ・・・ https://twitter.com/fins_staff

フィンズ FB ・・・ https://www.facebook.com/fins.nagaoka

スポーツバイクプロジェクト長岡 FB ・・・ https://www.facebook.com/スポーツバイクプロジェクト長岡-851414361632533/

越後長岡チャレンジサイクリング FB ・・・ https://www.facebook.com/encc.fp

新潟自転車乗り情報共有グループ FB ・・・ https://www.facebook.com/groups/381625862029267/

( 新潟県在住・出身者 、 かつスポーツバイクの画像を貼りつけている方のみ参加OKとなります。 今現在880名ほど。)

よろしくお願い致します~(^O^)

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。