人気サングラス NRC 入荷〜。 & スペシャライズド 2018 アレースポーツ。

本日2回目の書き込みです。

 

 

速報です。

今週から開催されております 「 愛媛国体 」 にて、

吉田高校出身 ・ 現 日本大学 ・ 新潟代表の 「 治田知也 」 選手が

「 1kmTT 」 1分03秒832 の大会新記録で優勝しました !!!!

 

本日の夜には、シクロワイアード等でアップされると思いますので

ぜひチェックしてみてください。

 

治田選手、ご家族の皆様、おめでとうございました !!!! \(^o^)/

 

 


 

明日は定休日にて、お休みをいただきます。

HPのほうはアップしますので、チェックしてみてください〜(*^^*)

 

 

さて、本日は人気のサングラスと、お渡しのロードバイクのご紹介です。

 

 

 

まずは ・・・・・

 

 

 

 

欠品していたものを含めて、どっさり入荷です。

 

 

 

 

 

私、STAFF KNTもこの1年愛用しています、最高によく見えるサングラス。

 

MADE IN ITALY の 「 NRC 」 です。

レンズは、有名な 「 カール・ツァイス製 」 で、くっきりはっきり見えるレンズを採用。

 

有名メーカーのOEMも手がけるNRCですが、自社製品の価格はお買い得な価格で

提供しています。

 

こちらは 「 X1 」 というモデルで、価格は ¥16500(税別)。

レンズ交換ができないモデルですが、非常によく見えるサングラスです。

 

私は、このX1のイエロー(アングリル)を使用しています。

 

 

 

 

 

こちらは同じように見えますが、レンズ交換ができる 「 X3 」 というモデルです。

 

価格は ¥18500(税別)となっておりまして、通常のレンズと、クリアレンズの2枚、

付属してきます。

 

どちらのレンズも、カール・ツァイス製。

 

そして、X3用に 「 クリア調光レンズ 」 ¥10000(税別)も発売されたようなので、

X3をご使用の方で調光レンズが気になる方は、ご注文をお待ちしておりますm(_ _)m

 

 

 

 

 

どこかで見たことのあるような感じですが ・・・ 笑

NRCのサングラスケースが入荷してきました。

 

価格は ¥1700(税別) です。

サングラスには、ケースがついてきませんので、普段から持ち歩く方は

ぜひケースに入れましょう。

 

よろしくお願い致します〜。

 

 


 

「 お渡しのロードバイク スペシャライズド 2018 アレースポーツ。 」

 

 

 

 

お渡しのロードバイクをご紹介します。

 

2018 スペシャライズド 「 アレースポーツ 」 ¥100000(税別)です。

 

軽量化されたアルミフレーム 「 アレー 」。

新型アレーのフレームに、シマノSORAをメインコンポとした、

初めてのロードバイクにオススメの1台です。

 

始めやすい価格設定で、パーツ等含め ご予算 ¥130000〜140000ほどの

お客様におすすめさせていただいております。

 

店頭にも展示しておりますので、ぜひ気になる方はチェックしてみてください〜(*^^*)

 

残りシーズンもあと少しとなりましたが、乗れる時間を作って

たくさん乗ってくださいね〜。

ありがとうございました!!!!!

 

 

 

 

 

スペシャライズドのお子様バイクも人気です。

 

16インチ、20インチ、24インチと、各メーカーの2018年モデルも

出揃いましたので、ぜひカタログにてお子様の好きなバイクをチョイスしてくださいm(_ _)m

 

 

よろしくお願い致します!!

 

 

 

ではでは・・・また明日アップします〜。

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。