石垣島トライアスロン大会 2017 part-2


昨日は大会でした。

心配していた天気も曇り時々晴れ、また暑すぎることも無く良い条件の中でレースをすることができました。

トップアスリートの庭田 清美選手、竹内 鉄平選手、道端カレンさん、ガレッジセールのゴリさん、川ちゃんなど豪華ゲストでした。

私は練習不足でまったく身体が動かず、大変なレースになってしました。

レポートはまたあとでアップします。

大会レポート 追加分

4月16日(日)

大会当日、天気予報は曇り時々晴れでそれほど暑くはならない様子。

4時30分に起きてレースウエアに着替える。

今年はトランジションが2か所。スイムゴール&バイクスタート地点とバイクゴール&ランスタート地点が違うため先にランスタート地点にシューズとキャップの入った袋を置いてくる。と言っても泊まっているホテルの隣なので歩いて・・・。選手はまだ少数。

戻ってからスイム会場へウエットスーツを置きにバイクで移動。5時30分くらいだけどまだまだ暗い。ホテルの朝食が6時からということだったので急いで食べる。

スイム会場にもう1度移動してストレッチ、ウエットスーツを着て試泳。

DSC002380005  DSC002440004

8時に開会式が終わってから第3ウエーブでスタート。1周目の半分くらいはバトルに巻き込まれてしまい、なかなか思うように泳げない。2周目でようやく自分のペースで泳げるようになった。コースの水深は深いところでも3mくらい。選手が泳いでかき回すのでダイビングをするほど綺麗ではないが寒くもなく泳ぎやすい。

スイムを終了、たぶん30分くらいかな?

DSC002590003  DSC002630002

足に付いた砂を水で流し、ソックスを履いて、日焼け止めを塗ってバイクスタート。

焦らない、焦らない・・・🙂

コースは昨日確認をしているので全く問題無し。

登りはそこそこ抜いて行けるがやっぱりトライアスリートの下りは重いギヤでガンガン漕いでいく選手が多くて、抜きつ抜かれつ。アップダウンも結構あって、なかなか楽しいコース設定。

それにしても練習不足がもろに出ているのか、去年より何だか遅い感じがする?

女性でも早い選手が多く、皆さんトライアスリートらしい重めのギヤをグイグイという走り。

街の中まで戻ってきたら、もうトップの選手達はランの2周回目らしかった。

バイクゴール後、ランシューズに履き替えて補給を摂るかどうか迷ったけど、ボトルに溶かしたジェルだけ飲んでスタート。

声援もたくさん聞こえるが足が動かない。

10kmという距離が普段の練習よりもさらに長い距離に思えてしまう。

バイクで抜いてきた選手にまた抜かれてしまう。

石垣島のメイン通りを2周回するという最悪なコース設定・・・😂

早く終わってビールを飲みたいと思いながら、何とか5km、2周回を終えてようやくゴール。

DSC002790001  DSC002880001

今年は3月に入っても雪が普通に降ったりして思うような練習ができなかった。

練習ができないので体重は減らないしという悪循環。

まぁ言い訳に過ぎないのでもう少しまともな走りができるようにこれからも頑張りましょう!

この記事を書いた人

遠藤 剛サイクルワークス Fin's社長
1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

遠藤 剛

1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。