お渡しのバイクのご紹介。 TREK エモンダSL 5など。 & 全日本最速店長選手権。

おはようございます〜!!

 

本題の・・・ お渡しのバイクのご紹介の前に ・・・

 

 

IMG_0441

 

 

今年も 「 全日本最速店長選手権 2016 」 への参加招集をいただきました !(ΦωΦ)!

 

9月28日(水) 会場は、下総運動公園(成田) です。

 

今年も、昨年同様 ・・ アタック!!アタック!!アタック!! で、75kmをフルスロットルで駆け巡ります。

 

 

応援の程よろしくお願い致します m(__)m

 

 

※ 昨年の動画はこちらです。

http://st.wowow.co.jp/detail/7746

 

 


さて、お渡しのバイクのご紹介です。

 

まずは・・こちらの人気バイクからです。

 

 

IMG_0467

IMG_0468

 

 

キャノンデール 「 CAAD12 105 」 ¥210000(税別) です。

 

2016年モデルということで、店頭在庫分に限りお買い得価格でGETしていただきました〜(^o^)

 

今、選ぶべきバイクの一台 「 CAAD12 」。

 

色んなバイクを乗り比べても、このバイクは誰しもが 「 いいね!! 」 と言ってくれます

迷ったらぜひぜひCAAD12にしちゃいましょう。

 

 

まだまだどっさりとありますので、店頭にてチェックしてみてください!!

 

たくさん乗ってくださいね〜\(^o^)/

ありがとうございました!!

 

 

 

続きまして・・・

 

 

IMG_0457

IMG_0458

 

 

もうすでに2017年モデルが入荷してきました!!!

 

TREK 「 エモンダSL 5 」 ¥276852(税別) です !!!!

 

2017年、カーボンモデルでは一押しのバイクです。

1000gを切るカーボンフレームに、シマノ105のフルセット。

 

フレームは重量と振動吸収性のバランスが良く、上りも軽快で、ロングライドにも最適です。

もうすでにメーカー在庫はOKとなっていますので、

ぜひ新しいエモンダSLをチェックしてみてください!!\(^o^)/

 

 

ありがとうございました!!

 

 

 

続きまして・・・・

 

こちらもこれから始める方へオススメのエントリーロードバイクです。

 

 

IMG_0459

IMG_0460

 

 

スペシャライズド 「 アレースポーツ 」 ¥100000(税別)です!!

 

お買い得なエントリーロード。

アルミフレームの中でも乗り心地は、かなりいいです。

 

フロントフォークは、しっかりとカーボン製で振動吸収性も良いので

ゆっくりのんびりと走られる方にもおすすめです。

 

 

ぜひぜひたくさん乗ってください!!(^o^)

 

ありがとうございました!!

 

 

 

最後に・・・街乗りのクロスバイクです。

 

 

IMG_0445

IMG_0446

 

 

TREK 2016モデル 「 7・2FX 」 です。

店頭在庫分ということで、お買い得な価格とさせていただきました!!

 

 

2016年は一番人気のあったクロスバイク ・・・ 7・2FX。

色んなパーツが考えられて作られています。

 

まずはちょっとしたサイクリングから始めて、少しずつ距離を伸ばしていってくださいね〜(^o^)

ありがとうございました!!

 

 

 

2016年モデル 店頭在庫分のロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクに関しては

今現在 「 最終売りつくしSALE 」 !! となっております。

 

 

いつもよりお買い得にGETできますので、初めての方もお気軽にご来店のほどよろしくお願い致します!!!

 

 

 

ではでは・・・またアップします!!!

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。