KUOTA KOBALT ティアグラ。 & 朝はZWIFTでチーム練でした〜٩( ‘ω’ )و

おはようございます〜。

 

朝から暴風の長岡です。 雨はそんなでもありませんが、風が台風並みに吹いています  (・∀・)

 

ご来店をされますお客様は、お気をつけてください。お待ちしております。

 

 

 

さて・・・

今日は朝から暴風雨でしたので、初めてのチームメンバーとのZWIFT練を開催させていただきました〜。

 

 

 

 

 

 

 

コースは平坦基調な4kmの周回コースを使用し、メンバーを見つけてグルグル回るだけ。

 

体重の2・5倍〜4倍ほどを維持しながら、1時間トレーニングをしてきました。

 

昨日も一緒に走ったメンバーが多い中、外での練習ですと脚力差が出てしまいますが、

ZWIFT内ですと、そこまでの差を感じることはありません。

 

 

リカバリーライドのつもりでしたが、ほどほど上がって気持ちの良いトレーニングとなりました。

参加していただきましたメンバーの皆さま、ありがとうございました m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

自分一人で走る場合、ここまで上げずにのんびりペースだったと思いますが、

チームでのトレーニングは手を抜くことができないため、そこが良いところです。

 

 

ZWIFTの場合 ・・ 「 速度・距離・消費カロリー 」 はあまり参考にしてはいけません。

 

自分が見ているところは  ・・・ 【 パワー 】  特に ・・・ 「外乗りとのパワー比較」 です。

 

今日のZWIFT60分ほどの平均パワーは、173W。

 

 

昨日の、レース班でのパワーは ・・・・・

 

 

 

 

 

途中で手を抜いた区間もありますので、189W。

 

 

今日のトレーニングも、リカバリーライド以上の負荷をかけて走っていたことになります。

 

 

 

 

 

こちらは昨日のレース班練での心拍・パワーデータです。

 

今年3回目の外乗りレース班練。

まだまだ心拍もパワーも全然上がっていませんが・・・オープンにしちゃいます ( ̄∀ ̄)

 

 

ローラートレーニングでも、同じように追い込んでトレーニングをすることも可能です。

ぜひ色んなトレーニングを考えながら、天気の悪い日はローラーでのメニューを考えてみてください〜。

 

 

ZWIFTでは、バーチャルな世界でのんびりゆっくりとサイクリングを楽しんだり、

インターバルトレーニングを含めたメニューなどもあります。

 

 

 

 

 

 

画面上でのアップダウンに対して、負荷が自動的に変化する 「 スマートローラー 」 も

色んなメーカーの商品を取り扱いしております。 ( ¥40000台からあり。 )

 

 

今日はそのZWIFTを体験できるスペースを作りながら、説明もさせていただきますので、

気になるお客様はぜひご来店をお待ちしておりますm(__)m

 

 

 

ではでは・・・・ 今日はお渡しのロードバイクのご紹介と、ランチライド・コンビニ休憩などに

オススメの切られないワイヤー錠のご紹介です。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

まずは、 「 小さくたためて、強いワイヤー錠 」 のご紹介です。

 

「 コンポジットマテリアル チェーンロック 」 ¥3800(税別)。

 

 

このワイヤー錠は、長さ180cmと前輪後輪を簡単に結ぶことができることが特徴の一つで、

ワイヤーの中に小さなリング状のワイヤーが入っているため、まず切られることのないワイヤー錠なんです。

 

 

ウィンタースポーツをやってる方でも、このワイヤー錠は人気で、

ランチタイムの時にこのワイヤー錠で固定している方も多くいらっしゃいます。

 

自転車とスキー・ボードに使っている方が多い便利なワイヤー錠ですのでぜひご注目ください〜。

 

 

 

続きまして ・・・・

 

 

 

 

 

本日お渡しのロードバイクのご紹介です。

 

 

KUOTA 【 KOBALT ティアグラ 】 ¥199800(税別) です !!

 

2019年モデルとしても継続のバイクとなっていますが、2018年モデルとして入荷させているため

旧モデルセール価格とさせていただきました m(__)m

 

 

 

ちなみに ・・・

 

 

 

 

こちらのカラーリング ・・・ グレー・ブルーのお買い得バイクも残り1台ご用意できます。

 

コンポーネントのアップグレードも相談できますので、よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

さて・・・・ こちらのKOBALTですが、電動コンポに対応している軽量なカーボンフレームを

使用しながら、フルセットのシマノ コンポーネント。

 

 

 

 

 

 

 

コンポーネントは、シマノ・ティアグラ。

 

全てのコンポーネントが、シマノ製で統一していると安心して乗れますね〜。

 

 

 

 

 

 

 

ハンドル・ステムは、DEDAで統一。

 

 

 

 

 

 

 

サドルは非常に座りやすいプロロゴを使用しています。

 

 

少しずつ距離を伸ばしながら、まずは100km目指して頑張ってくださいね〜!!

 

ありがとうございました〜。

 

 

 

 

ではでは・・・・ また夕方アップします!!

 

 

 

◎ お知らせ

 

 

◉  信頼の日本メーカー 【 ブリヂストンアンカー 】 ロード スタートキットプレゼントキャンペーン!!!

 ¥16000分のアクセサリープレゼント。 詳しくは 「 こちら 」 です。

 

◎   セール特集!! 今が一番お買い得です。

☆【 旧モデルセール!! ロードバイク 完成車編 2018年以前のバイク   2019年モデルも全て超特価!! 】

 

 

◉  ロードホイール 超特価セール開催中!!! 「 20~40%OFF 」 → 「 詳しくは店頭にて。 」

 

◉   2020ニューモデル 厳選・入荷バイクご紹介!!! → 「 こちらからどうぞ〜 」

 

 

☆ 【 どんなご質問でもお気軽にどうぞ。 フィンズお問合わせフォーム 】

新車のご購入を検討されているお客様、 修理・メンテナンスをご希望のお客様、

パーツ・アクセサリー・ウェアのお問合わせ、 ポジション・フィッティングのご相談など、

初めてのお客様もお気軽にご相談くださいm(__)m

 

 

◎ フィンズ オンラインショップ開始!!!!

https://fins1991.base.ec/

少しずつ商品点数をアップしていきます。 ¥10000以上購入で、送料無料!!!\(^o^)/

遠方の方は、ぜひご利用ください〜☆

載っていないものがあれば、メールでもご注文可能です。

↓ ↓

fins1991@major.ocn.ne.jp

 

 

 

 

お店の紹介 (シクロワイアード様) : http://www.cyclowired.jp/shop/node/184461

フィンズ HP  ・・・ http://www.cw-fins.com/

STAFF KNTのブログ ・・・ STAFF KNTの自転車塾

フィンズ Twitter ・・・ https://twitter.com/fins_staff

フィンズ FB ・・・ https://www.facebook.com/fins.nagaoka

フィンズ インスタグラム ・・・ https://www.instagram.com/cycleworksfins/?utm_source=ig_profile_share&igshid=2i6e5alz2w5e

 

スポーツバイクプロジェクト長岡 FB ・・・ https://www.facebook.com/スポーツバイクプロジェクト長岡-851414361632533/

越後長岡チャレンジサイクリング FB ・・・ https://www.facebook.com/encc.fp

新潟自転車乗り情報共有グループ FB ・・・ https://www.facebook.com/groups/381625862029267/

( 新潟県在住・出身者 、かつ 公開にてスポーツバイクの画像を貼りつけている方のみ参加OKとなります。

今現在980名ほどグループ内にメンバーがいます。)

よろしくお願い致します~(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。