オーバーホールでお渡しのロードバイクご紹介。 チネリ スーパーコルサ ・ メリダ スクルトゥーラ400。

本日2回目の書き込みです。

 

 

明日のモーニング角田浜は、朝6時30分集合に変更になりましたm(__)m

雨の前にサクッと終了しちゃいましょう。 ( 行く人はもう寝てください!! )

よろしくお願いしまっす。

 

 

明日も引き続き、修理・メンテナンス・オーバーホールのバイクは、そのままお持ちいただいても結構です〜。

今年はシーズンインが早いと思いますので、冬のうちにしっかりとメンテナンスを完了しておきましょう。

 

 

本日はフィッティングのほうを2名のお客様にさせていただきましたm(__)m

 

オーバーホール前や、ワイヤー交換の作業前など、ポジションに悩んでいるお客様が

いらっしゃいましたら、この時期のフィッティングはいかがでしょうか??

 

ローラーのモチベーションアップにもなりますので、ぜひご検討よろしくお願い致します( ´ ▽ ` )

 

 

 

今日はオーバーホールでお渡しのロードバイクを2台ご紹介していきます。

 

 

 


 

 

 

 

 

まずは、昨年、ロードレースやマウンテンバイクイベントで、優秀?な成績を残されましたお客様の

ロードバイクをご紹介していきます。

 

メリダ スクルトゥーラ400。

 

お買い得な価格で人気のロードバイクですが、正直なところ戦闘力は高いバイクだと感じています。

 

ブレーキ・BB(セラミック)・ホイールをアップグレードしていますが、

しっかりとレース班練から、新潟県ロード選手権、群馬サイクルスポーツセンター でのロードレースにも

出場していました。

 

 

 

 

 

 

チェーン周りもピッカピカに。

 

 

 

 

 

バーテープは大人気のスパカズです。

 

フレームカラーにバッチリ合っていますね〜。

 

2019シーズンも、ロードもMTBもたくさん乗って頑張りましょう!!!

決して・・・入院はしないように・・・笑

 

ありがとうございました!!!( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

 

 

続きまして ・・・・ 何年も変わらず、いい味を出し続けているイタリアンメイドロード。

 

チネリ 「 スーパーコルサ 」。

 

フルオーバーホールをさせていただきました。

 

 

 

 

 

スーパーコルサといったら、このカラー。 ロッソフェラーリ。

 

注文してから、3ヶ月〜5ヶ月ほどかかってしまうハンドメイドフレームです。

 

 

 

 

 

 

コンポーネントはカンパ・レコード。

 

 

バーテープは人気のスパカズです。

 

 

 

 

 

 

ホイールはシャマルウルトラ。 ハブまで全てバラしピカピカにしてから、グリスを注入しています。

 

タイヤは、ヴィットリアのコルサ。 イタリアづくしです。

 

 

 

 

 

 

サドルだけは、スペシャライズドのローミンEVO。

 

このサドルは使った方は 「 このサドルじゃないとダメ 」 というくらい大人気のサドルです。

 

試乗用のサドルもありますので、ぜひチェックしてみてください〜。

 

 

クロモリロード。

今後はディスクの台頭により、生産数も減っていく可能性もございます。

 

手に入れられることができるのは・・・・ここ数年のフレームもあるかもしれませんので

検討されている方は、いろんなメーカーのクロモリフレームをチェックしてみてくださいね〜。

 

 

毎年オーバーホールありがとうございました!!!!

 

 

 

ではでは・・・・また明日、アップします。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。