スコット ジーニアス710 オーバーホール。 & トレック クロスバイク 消耗部品交換。

本日2回目の書き込みです。

 

いくつかお知らせがありますので・・・箇条書きで書いていきます( ̄∀ ̄)

 

 

1 : 明日の営業時間は、11:00 〜 17:00となります。

年末年始の営業時間は 「 こちらから 」 ご確認ください。

 

 

2 : 明日の午前中は角田浜トレイルライドです。 8時現地集合です。

夕方17:00過ぎからは、「 クリスマス会 」 です。17時ごろに適当に集まってくださいd( ̄  ̄)

会費は¥2000で、お食事はご用意します。 飲み物は各自ご持参を〜。 あと数名参加可能です!!

 

 

3 : 年末決算セール開催中です !! 1年で一番お買い得な時期ですので、お気軽にご来店お待ちしております。

☆【 年末決算前セール!! ロードバイク 完成車編 2018年以前のバイク 全て超特価!! 】

 ☆【 年末決算前セール!! ロードカーボンフレーム編 ホイール・コンポ同時購入でさらに割引!! 】

 ☆【 人気上昇中のマウンテンバイク!! 2018年以前のモデルはセール中です!! 】

 

 

4 : 修理・メンテナンス・オーバーホールは引き続き、受付中です。

年末年始は大掃除等ありますが、できる限り作業を進めていきたいと思いますので

この3連休は修理の予約なしでも、そのままバイクをお持ち込みくださいm(__)m

 

 

5 : オハサイ・レース班ジャージ・ウィンドベスト・サイクリングキャップ 受付中です。

 

 

 

 

 

よろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

お知らせは以上です。

 

今日はお渡しさせていただきます、修理・メンテナンス・オーバーホールのバイクを

2台ご紹介していきます。

 

 

 


 

 

 

 

まずは、こちらのトレックのクロスバイクは、ワイヤー交換・ブレーキシュー交換・チェーン交換など

消耗部品交換をさせていただきました〜。

 

 

 

 

 

 

ワイヤーは錆びていたところもあり、動きも悪くなっていましたが

新しく交換することでレバーの引きも軽くなります。

 

 

 

 

 

チェーンも錆び錆びでしたが、ピカピカに。

 

これでばっちり乗れちゃいますね〜。

あまり雨の当たらないところへの保管をよろしくお願いいたしますm(__)m

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 

 

続きまして ・・・・

 

 

 

 

ENS(エンデューロナショナルシリーズ)へ参戦しているお客様のバイクを

フルオーバーホールをさせていただきました!!!

 

 

 

 

 

フレームのリンク部を全てバラして、ベアリングの回転をチェック。

 

フロントフォーク・リアユニットを全てオーバーホールをさせていただきました。

 

フレームは汚れが落ちやすいようにガラスコーティングでピカピカに磨き上げています。

 

 

 

 

 

 

 

フロントシングル ・ リア11速。

 

シマノXTで統一されています。

 

 

 

 

 

 

グリップは、ESIグリップ。

 

フレームカラーに合わせてグリーンをチョイス。

 

 

 

 

 

 

サドルも同カラーのファブリックのラインシリーズを。

 

ファブリックのサドルは裏面が綺麗なので、汚れも落としやすくていいですね〜。

 

 

 

 

 

 

シートポストは、FOXのドロッパーシートポスト 「トランスファー」。

 

レバーひとつで上げ下げできる優れもの。

 

ENSのようにアップダウンが多いと、これが必需品ですね。

 

来シーズンも頑張って転戦してください!!!

ありがとうございました〜。

 

 

 

ではでは・・・・また明日、アップします〜。

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。