高性能・高品質 レザイン 2019モデル入荷!! & ピナレロ 2019 カタログ無料配布。

おはようございます〜。

 

明日、24日(火)は第4火曜日となりますので、定休日によりお休みさせていただきます。

 

24・25日(火・水)とお休みとなりますので、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も早起きからの、朝ライド。 57kmくらい走ってきました。

 

7時台まではまだ涼しく快適に走ることができます!!

早寝・早起き・朝ライド。 30分でも散歩ライドをすると気分もスッキリ。

仕事に集中できますので、ぜひ朝ライド習慣 始めてみましょ〜٩( ‘ω’ )و

 

 

 

走っていると ・・・

5月には小さかった稲が、かなり伸びてきましたことに気づきました。

 

今年は梅雨もあったか・・なかったくらいでしたので、雨も降っていなかったですので

どんどん成長していますね〜。

 

 

どんなことでも小さな積み重ねの継続が、成長・成功へのプロセスとして大事なことだと思います。

 

これからヒルクライムレースなど始まってきますが、

毎朝のライドを積み重ねて、自分の目標へむけて頑張っていきましょう!!

 

 

さて・・・ 今日は、高品質・高性能なレザインの2019新製品のご紹介と、

ピナレロのカタログのお知らせです。

 

 

 


 

 

 

 

今年いろんなメーカーが展示会をする中で、一番初めに開催されました「 ピナレロ 」。

 

まだ新しいモデルの入荷はありませんが、先に2019年モデルのカタログが

入荷してきました!!

 

 

たっぷりありますので、無料にてお配りさせていただきます。

 

ジロ・デ・イタリア 、 ツール・ド・フランス などのグランツールにて

圧倒的な力の違いを見せつけているチームスカイ。

 

そんなチームスカイが使う 「 ピナレロ 」 のバイクをチェックしてみてください。

 

 

 


 

続きまして ・・・  レザインの2019年モデルをご紹介していきます。

 

 

 

 

 

まずは、こちらのサイドボトルケージ。

 

「 FLOW STORAGE CAGE 」 ¥2800(税別) です。

 

 

 

 

サイドに輪っかがついているんですが ・・・ こちらには ・・・

 

 

 

 

 

ボンベが2本つきます。

 

 

そして・・・・

 

 

 

 

この場所には ・・・・

 

 

 

 

携帯用の工具と、CO2ボンベのアタッチメントを入れることができます。

 

一石三鳥くらいのボトルケージなので、ロングライド派の方はぜひチェックしてみてください。

 

 

 

そして・・・

ボンベがあれば、パンク修理が超ラクです。

こんな暑い中、ミニポンプでパンパンになるまでやるのって本当に大変ですよね〜。。。。

 

 

 

 

この夏、ボンベも一緒に持ちましょう。

 

これがあれば、一瞬でパンパンになります。

 

こちらの 「 コントロール ドライブ 」 ¥2940(税別) 、非常に使いやすいので

初めてのCO2ボンベに最適です!!

 

ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

続きまして ・・・

 

チェーン工具まできっちりついている携帯工具 「 V-10 」 ¥4200(税別)です。

 

 

 

 

レンチは、2mmから、8mmまで。 プラスドライバーに、T25、T30。

8速から、11速まで全て使えるチェーン工具がついています。

 

これがあれば、何かあっても大丈夫ですね。

 

いざという時に 「 あった!! 」 と思う時があると思いますので

少し機能が多い工具を持っていましょう。

 

 

 

 

 

 

最後に、高性能なミニポンプ。

 

 

左がスタンダードな 「 HP DRIVE 」 ¥3570(税別)。

 

右が小さくて、パンパンになるまでが早い 「 LITE DRIVE 」 ¥4200(税別) です。

 

 

 

 

 

ボンベと一緒に持つなら、 「 HP DRIVE 」。

ミニポンプだけで、しっかりと入れたい方は 「 LITE DRIVE 」 ですね。

 

 

少し質の高いミニポンプを持っていると、いざという時にバッチリ使えますよ〜。

 

レザインの高性能ミニポンプをチェックしてみてください。

 

 

 

以上です。

 

 

ではでは・・・・また夕方アップします !!!!

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。