ジャイアント MTB タロン2・タロン3。 & スペシャライズド クロスバイク シラス。

本日2回目の書き込みです。

 

明日12日(火)は第2火曜日ということで、定休日にてお休みをいただきます。

12・13日(火曜・水曜)とお休みをいただきますので、よろしくお願い致します。

 

 

 

さて・・・

ガソリン価格の高騰により、ありがたいことに街乗りクロスバイクや、

気軽に乗れるマウンテンバイクのオーダーが多くなってきておりますm(__)m

 

 

 

ちょうど、2019年モデルの展示会も、この6月から少しずつ開催されていきますが、

入荷時期に関しては、早くて7月〜8月ごろの予定となっておりまして、

今現在 1年の中でも一番 「 メーカー在庫の少ない時期 」 となっております。

 

 

 

2019年モデルに関しては、ほとんどのメーカーが価格を上げてくると予想されていまして

同じパーツがついていても若干の価格アップはしてくると思われますので、

もしスポーツ自転車を始めてみたい・・・という方は、お気軽にご来店をお待ちしております ( ^∀^)

 

 

 

さて・・・ 今日はこの週末にお渡しをさせていただきました街乗りクロスバイクと

マウンテンバイクのご紹介です。

 

 

 

引き続き、大好評の 「 お客様 ご紹介キャンペーン 」は 7月末まで開催中。

ご購入いただきましたお客様にも、ご紹介していただいたお客様にもサービスあり!!

詳しくは 「 こちらから 」。

 

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 


 

 

 

 

 

お渡しのバイクをご紹介していきます。

 

まずは・・・ ジャイアント 「 タロン3 」 ¥67000(税別)です。

 

 

 

 

この価格ですが、ワイヤーがフレーム内蔵され、スッキリしています。

 

油圧ディスクブレーキ搭載で、ブレーキもしっかり効いてくれます。

 

 

 

 

 

 

マウンテンバイクにもちょっと興味がある!! という方に、オススメの車種です。

 

2018年モデルの中でもオススメの車種を店頭に並べていますので

いろんなマウンテンバイクをチェックしてみてください〜。

 

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、上のモデルの一個上のモデル。

 

ジャイアント 「 タロン2 」 ¥90000(税別) です。

 

上のマウンテンバイクをご友人と一緒にご購入いただきました。

 

 

 

 

 

フレームは同じくワイヤー内蔵。

 

 

 

 

 

ブレーキや、ドライブトレインが全て、シマノ製となっておりますので

メカトラブルも少ない車種です。

 

 

少し頑張って走りたい方は、こちらもオススメ。

 

 

自転車仲間といろんなフィールドに遊びに行ってくださいね〜。

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 

 

 

 

 

最後に、こちらはスペシャライズド 「 シラス 」 ¥55000(税別) です。

 

元祖クロスバイクのシラス。

今年も大人気で、残りSサイズが一台のみとなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

カラーリングは一番人気のブラック。

 

反射するロゴは安心ですね。

 

 

 

 

 

スペシャライズドのバイクには、スペシャライズドのパーツがついています。

 

人気のパーツが非常に多いスペシャライズドですので、乗っていて安心できると思います。

 

来シーズンも継続で発売されてきますので、ぜひチェックしてみてください〜٩( ‘ω’ )و

 

 

 

ありがとうございました!!!

 

 

 

ではでは・・・・明日はお休みとなりますが、HPはアップさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。