角田浜ジャージのお知らせ。 & オーバーホール・アップグレードのバイクをご紹介です。

おはようございます〜。

 

1日雨の予報の長岡です。

路肩にある雪を全てとかしてくれると思えば、恵みの雨となりますね(^O^)

 

 

 

週末、シーズンインの方も多かったと思いますが、

シーズン初めはなかなか体が動かず、筋力も低下しちゃっています。

 

いきなり長い距離を走るよりも、毎日少しずつでも短い距離を走ったほうが

プラスになっていきます。

 

4月からイベント・レース参加の方もいらっしゃると思いますが

シーズン初めのイベントに向けて、少しずつ上げていきましょう( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

今日はまず、昨日の夜に 「 新潟自転車乗りグループ 」 のフェイスブックにも

アップさせていただきました 「 角田浜ジャージ 」 についてのお知らせを書いていきます。

 

 

 

 

 

 

新潟市のサイクルショップ「佐上商会」の小林店長から「角田浜ジャージ」のご連絡がありました。

実費以外は整備代など維持管理に使わせて頂きますということです。

1枚注文で¥8.000。

同じ方が家族などで2枚以上注文で1枚¥7,500注文で宜しくお願いします。
申込み締め切りは3月20日となります。

 

 

お問い合わせ先は、佐上商会さん (小林・山田) まで。
TEL: 020-275-3369
メール: info@sagaminet.com

 

↑ ↑ からもご注文をしていただけますし、当店(フィンズ)でも受付しておりますのでよろしくお願い致します。

 

 

そして・・・・ そんな角田浜にて、4月にイベントが開催されます。

↓ ↓

 

https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/73464

 

こちらも合わせてよろしくお願い致します!!

 

 

 

 


 

「 お渡しのバイクをご紹介していきます。 」

 

 

 

 

まずはこちらのリドレーはフルオーバーホールをさせていただきました。

 

関東からこちらへお引越しをされてきたお客様です。

 

 

 

 

リドレーのダモクレス。

名車中の名車。

 

このバイクが乗りたくて、リドレーを契約したような気がします。。。

 

 

 

 

チェーン周りもピッカピカに。

 

変速機関係も、ホコリやゴミがついていて機能が低下していましたが

しっかりと洗浄することで元の機能を発揮することができます。

 

 

この部分が汚くなっていて、変速性能が落ちているバイクもたくさんあると思います。

 

 

 

 

 

バーテープはスパカズ。

 

どっちが上の柄でもいけちゃいますので、今回は黒が上になりました。

 

 

シーズン通して、またメンテナンスが必要になると思いますので、

気になるところがあれば、またご来店をお待ちしております!!

 

ありがとうございました(^O^)

 

 

 

続きまして・・・・

 

 

 

 

こちらのスペシャライズドのターマックはフルオーバーホールと、

各種アップグレードをさせていただきました。

 

 

 

 

 

まずはいろんなものがたくさん付いている・・・・ハンドル周りから。

 

スペシャライズドのカーボンハンドル・軽量アルミステム。

元々はパイオニアのペダリングモニターが付いていましたが、

「 見にくい(文字が小さい) 」という理由で、ガーミン1030へ。

 

* 一応まだ2台持ちです。

 

 

 

 

ガーミンの下には、ガーミンの新型ライトが。

 

自分でいろんなコントロールができるライトです。

 

 

 

 

S−WORKSの軽量ステムは、Di2のジャンクションがすっきりとする

オプションパーツがご用意できます。

 

これは、ステムも軽いし、ジャンクションもすっきりするしで・・・

オススメのパーツです。

 

 

 

 

 

 

ハンドル周りには、いろんなところにスイッチを搭載し、どんな時でも変速できるようになっています。

 

 

 

 

 

 

最後は ・・・・ 超軽量マルチプレッシャーアンカー。

 

 

ただ・・・・これだけいろんなものが付いていると、重くなりますが・・・( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

オリンピック時期にバイクをお持ちいただいたので、

金メダルということで・・・ロゴがゴールドです・・・笑

 

 

 

 

パワーメーターはパイオニア。

 

 

 

 

超大人気のROVAL CLXシリーズ。

 

カーボンクリンチャーホイールの中でも、コストパフォーマンスの高い1本。

 

軽量でハブの回転が非常によく、私自身もレースで使用しています。

 

 

 

 

 

最後は、REDIAのビッグプーリーを。

 

少し加工が必要でしたが、なんとか取り付け完了。

 

昨日のぽかぽか陽気の中、走っていただきました。

 

 

2018年シーズンも楽しいことたくさんやっていきましょう。

まずは・・・4月のレース、気合い入れていきましょう!!

 

ありがとうございました〜。

 

 

 

 

ではでは・・・また夕方アップします。

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。