石垣島トライアスロン 2016

2001年のロタブルートライアスロンを最後にしばらく遠ざかっていたトライアスロンでしたがゴールテープを切る瞬間の充実感や達成感が忘れられず、またいつか参加したいと思っていました。

 

夏にプールに行って泳ぐことはあっても、ランが嫌いな私は最近では全く走っていません。

申し込みから4か月ありましたので何とかなるだろうと思い、軽い気持ちで練習を始めました。

 

トレーニング方法はある程度分かっているので、とにかく無理しない、焦らない・・・。

ただこの冬は水曜日の休みになると天気が悪く、外で続けて練習ができたのは3月中旬からという状態でした。

でも今回の参加はタイム狙いなんてできるはずもありませんけどね・・・😅

 

金曜日の朝の飛行機で石垣島に入りました。

レンタカーを借りて宿の確認をしてからコースを見に行きましたがコース図が簡単すぎてよく分かりません。

石垣に来たのは今回で4回目で以前ロードで走っている場所だと思うのですが何となく分かる程度。迷いながらも何とかコースどおりに走って確認できました。

 

今回の宿はコースのすぐ前にあるビジネスホテルを取りました。

スタート地点のスイム会場までは5分位、ゴールはホテルの隣でした。

 

レース当日、荷物を担いで自転車を引っ張って会場入り、アップを始めました。

ウエットスーツは1回だけプールで試しただけで本番です。ここいら辺は経験もあるので気にしません。

スイムコースは750mを2周回するのですが、私達のスタートする前にトップの選手が2周回目に入って行きました。

 

いよいよスタート、しょっぱい海水も久しぶりです。

IMG_2421-2 IMG_2539-2

とにかく海から上がらないと先に進めませんので焦らずゆっくりです。

1周目を終わるころには「何とかなるな」という安心感がわいてきました。

スイムを何とか終了してウエットスーツを脱いでバイクの準備です。

IMG_2537-2 IMG_2543-2

バイクコースに入ると、DHばーの付いていないロードレーサーで楽しんで走っている選手も多く、のんびりしていて良い雰囲気でした。

車で下見をしたときにはアップダウンも結構あるなという感じだったのですが、実際走ってみるとそれ程でもなく楽しく走れました。

バイクを終了したら苦手なランニングです・・・😅

ランも港の周辺を2周回するコースで、応援している友達や家族の声援を受けながら頑張れます。

バイクで飛ばし過ぎたのか、足が上がらずヨタヨタと2周走ってようやく終了しました。

IMG_2462-2

現役の頃と全く同じ展開でランで撃沈でした。もっとしっかり練習をしないと上位に上がれませんね。

それでも短時間で何とか仕上げて十分楽しめたので良しとしましょう。

 

また来年も参加できるかな?

この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

この記事を書いた人

遠藤 剛サイクルワークス Fin's社長
1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。

遠藤 剛

1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。