スポーツバイクは一番初めの組み立て方が重要です。 & お渡しのオーバーホールのバイクをご紹介〜。

2日間、お休みをいただきましてありがとうございました。

 

また明日木曜日から元気一杯、営業です!!! (^O^)

 

ここ数日、暖かい日が続いていますが、今週末から来週にかけて

一気に気温が上がってきます。

 

バイクの準備はバッチリでしょうか??

 

新車のオーダーも多くなってきましたので、修理・オーバーホール・アップグレードなどは

お早めにお持ちください〜。 ( 今週末まではそのままお持ちいただいても結構です。 )

 

 

 

* 2017年セールバイク ・ 2018年おすすめモデルはこちらからどうぞ〜。

↓ ↓

 

◎ 2017モデル ロードバイク 「 入れ替えSALE 」 開始!!!!

「 こちらから 」

 

◎ マウンテンバイク特集!! 2018年おすすめニューモデル & 2017年 SALEバイク。

「 こちらから 」

 

◎ 2018 ロードバイク おすすめ・厳選 ピックアップ パート1。

「 こちらから 」

 

◎ 2018 ロードバイク おすすめ・厳選 ピックアップ パート2。

「 こちらから 」

 

 

 


 

【 スポーツバイクは一番初めの組み立て方が重要です。 】

 

 

昨日・今日と定休日でしたが、まだまだガッツリ自転車を乗れる感じでもないので

半日は自転車の組み立てをやっていました(^O^)

 

 

 

 

 

 

火曜日の初めの作業は、フレームの仕上げ。

フェイスカットからです。

上の画像は、アルミフレームに塗装がのっているBB部です。

 

 

 

 

 

 

これを専用工具で削り出し、平面を出していきます。

中間で見てみると ・・・ 平面が出ているところと、まだ塗装が残っているところがあります。

 

 

 

 

 

 

全ての面がまっすぐになれば、完了です。

(全てと言ってもいい)ほとんどのメーカーが、そのままBBを取り付けてくるので

音なりや緩みが出やすくなります。

 

 

この作業を終了した後は、しっかりとグリスアップをしてから

BBを適正トルクで締め付けていきます。

 

 

いろんなショップがありますが、どこまで仕上げてくるかはショップによって違ってきます。

 

プロショップと言っていても、このような作業をしていないところも沢山あります。

 

 

どのような組み立て方をしているかは、初めての方は判断しにくいところではありますが

組み立て方は重要な判断基準でありますので、ショップの店員にぜひ聞いてみてください。

 

 

当店では、4月〜6月ごろの繁忙期に関して組み立てにお時間がかかってしまうため

10日〜14日ほどお時間がかかってしまうこともあります。

 

 

この3月では、ゆっくりと接客・説明もできますので、

これからスポーツバイクを始めてみたい方は、お気軽にご来店をお待ちしております(*^_^*)

 

 

 

 


 

【 お渡しのオーバーホールのバイクをご紹介です。 】

 

 

 

 

こちらのビアンキのバイクは、オーバーホール・パーツ組み付け作業をさせていただきました!!

 

 

 

 

 

ローターのクランクに、リディアの楕円リング・ビッグプーリー。

 

 

 

 

 

スペシャライズドのバーテープ。

 

ビアンキのチェレステカラーにぴったりです。

 

 

 

 

ブレーキは、しっかりときかせるために、デュラエースで。

 

ブレーキが大きく変わっていますので、この部分だけアップグレードしている方も

多くなっています。

 

 

ご予算内でもアップグレードも相談にのりますので、お気軽にご相談をよろしくお願いします。

 

 

2018年シーズンもたっぷりと乗ってくださいね〜!!

ありがとうございました(^O^)

 

 

 

最後は ・・・

 

 

 

 

超大人気のCAAD12。

 

こちらのバイクは、フルオーバーホールをさせていただきました。

 

 

 

 

2018年も継続のCAAD12。

カーボンキラーと呼ばれているくらいの最高級アルミフレームです。

 

 

 

 

 

 

 

バーテープはスパカズ。

一番人気!!

 

 

 

 

 

 

 

ドライブトレインもピッカピカです。

 

 

先日の彩湖マラソン・宇都宮餃子ツーリングにも参加されたお客様で、

筋肉痛はもう回復したでしょうか??笑

 

自転車シーズンに向けて、頑張っていきましょうね!!

 

ありがとうございました(^O^)

 

 

ではでは・・・また明日。

 

 

 

◎ お知らせ

 

 

☆ 新潟・長岡のロングライドイベント 【 越後長岡チャレンジサイクリング2018 】

7月16日(月・祝)開催決定 !!

獲得標高2000mの超級山岳のメインコース 100km。

獲得標高1500mのチャレンジ ミドルコース 70km。

始めたばかりの方はショートコース 40km。

お子様と一緒に参加できるファミリコース 10km。

 

昨年は全国各地から1200名の皆様よりご参加いただきました。

エントリー締め切りは、6月10日まで。 「 スポーツエントリー 」 にて。

7月の海の日の3連休は、新潟・長岡で美味しい海の幸・お酒とともに、自然豊かな山岳コースで

サイクリングを楽しんでください〜( ´ ▽ ` )ノ

2018年も皆様のご参加お待ちしております!!!

 

 

 

 

◎ 2017モデル ロードバイク 「 入れ替えSALE 」 開始!!!!

「 こちらから 」 * 4月に入り、少しずつなくなってきました。

 

◎ マウンテンバイク特集!! 2018年おすすめニューモデル & 2017年 SALEバイク。

「 こちらから 」

 

◎ 2018 ロードバイク おすすめ・厳選 ピックアップ パート1。

「 こちらから 」

 

◎ 2018 ロードバイク おすすめ・厳選 ピックアップ パート2。

「 こちらから 」

 

* 2018年 人気モデルでも完売が出ています。 店頭にて在庫をチェックできますので

お気軽にご来店お待ちしております。

 

 

 

◎ フィンズ オンラインショップ開始!!!!

https://fins1991.base.ec/

少しずつ商品点数をアップしていきます。 ¥10000以上購入で、送料無料!!!\(^o^)/

遠方の方は、ぜひご利用ください〜☆

載っていないものがあれば、メールでもご注文可能です。

↓ ↓

fins1991@major.ocn.ne.jp

 

 

 

◎ 【 スポニチ佐渡ロングライド210 当店ツアー について 】

 

毎年企画しております、佐渡ロングライドツアー。

各自でイベントのエントリーをしていただければ、それ以外の宿・フェリー・車などの手配は

こちらで全てやらせていただきます!! 初めての方も安心して参加できます(^O^)

詳しくは当店スタッフまでお気軽にお声がけください〜。

210kmコースのA1 、 130kmコースに関しては申し込みが早く締め切られますので

お早めにエントリーを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

お店の紹介 (シクロワイアード様) : http://www.cyclowired.jp/shop/node/184461

フィンズ HP  ・・・ http://www.cw-fins.com/

STAFF KNTのブログ ・・・ STAFF KNTの自転車塾

フィンズ Twitter ・・・ https://twitter.com/fins_staff

フィンズ FB ・・・ https://www.facebook.com/fins.nagaoka

スポーツバイクプロジェクト長岡 FB ・・・ https://www.facebook.com/スポーツバイクプロジェクト長岡-851414361632533/

越後長岡チャレンジサイクリング FB ・・・ https://www.facebook.com/encc.fp

新潟自転車乗り情報共有グループ FB ・・・ https://www.facebook.com/groups/381625862029267/

( 新潟県在住・出身者 、 かつスポーツバイクの画像を貼りつけている方のみ参加OKとなります。 今現在880名ほど。)

よろしくお願い致します~(^O^)

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。