新型アルテグラ・ペダリングモニターへアップグレード。 オーバーホールでお渡しのバイクをご紹介。

おはようございます!!

 

今朝はめちゃんこ寒いですね。

早朝からスノーライドを楽しまれている方もいらっしゃったようです(^O^)

 

 

 

私はというと ・・・・

 

 

 

 

「 日産サティオフェスタ 2018 」 に出展中でございます !!

 

 

 

車を見に来たお客様に、スポーツバイクを販売するという超難題にチャレンジしておりますが

車の価格と比べたら、桁が一つ・二つ違う感じなので 意外と好評であったりします・・・笑

 

 

10:00から、17:00までやっております。

入場無料!!

 

お子様にも楽しいアトラクションもありますので、お時間があるお客様は

ハイブ長岡でお待ちしております( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

( ぶっちぎれ。技術の日産。 By YAZAWA )

 

 

 

 

 

さて・・・今日はアップグレードをさせていただきましたバイクと

フルオーバーホールをさせていただきましたバイクをご紹介していきます。

 

 

 

まずはこちら。

 

 

 

 

 

こちらのバイクはフルオーバーホールをさせていただきました。

 

消耗部品関係はワイヤー・バーテープなど交換させていただきまして

回転部分は全てバラしてチューンナップをさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

BBは大人気のウィッシュボーン。

ペダルはデュラエースで、回転部分もくるくる回ります。

 

 

意外とアップグレードに上がることのないペダルですが、デュラエースは格段に回転が良くなりますので

アップグレードの一つに入れてくださいね。

 

 

 

 

 

ワイヤー・バーテープをグリーンで統一。

 

ワイヤーのグレードもアップさせて、ブレーキタッチもばっちり・変速もスパスパ変わります。

 

バーテープは、大人気のスパカズです。

 

 

新車同様になりましたので、来シーズンもたくさん乗ってください!!

ありがとうございました〜。

 

 

 

続きまして・・・・

 

 

 

 

 

 

こちらのFELTは、新型アルテグラにフルセット交換と、パイオニアのペダリングモニターを

取り付けさせていただきました!!

 

 

 

 

 

 

こちらのフェルトは、セカンドバイクで

もう一台のほうにペダリングモニターをつけていますが、

今回はローラー台でも使いたいということでこちらにも取り付けをさせていただきました。

 

 

新型のアルテグラは旧型と比べて、性能は格段にアップしていまして

特にブレーキは大人気となっています。

 

下りで怖い体験をされた方は、このくらいのグレードまでアップさせていただくと

安全に下ることができます。

 

 

 

 

 

バーテープは大人気のスパカズ。

シンプルカラーもあります。

 

グリップ感も程よく、振動吸収性に優れているので

長時間のライドも腕へのダメージを軽減してくれます。

 

 

 

 

 

 

ホイールは、これまたお買い得な価格で高性能な 「 ROVAL 」。

 

カーボンクリンチャーホイールの中では当店一番人気です。

 

私自身もレースで使用していまして、性能に満足しています。

( 入賞もしています。 )

 

 

ぜひカーボンクリンチャーホイールを探している方は、ROVALをチェックしてみてください。

 

 

 

ということで、冬場のトレーニングでペダリング効率をあげて

シーズンインまでにペダリングを見直しましょう!!

ありがとうございました〜(*^_^*)

 

 

 

ではでは・・・・また夕方アップします。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。