2018 各メーカー おすすめ厳選ロードバイク ピックアップ パート2。

* 1月9日 本日、定休日につきお休みをいただいております。

( 明日、10日と2連休となりますのでよろしくお願い致します )

 

 

 

昨日に引き続きまして、2018年モデルのロードバイク、

おすすめ・厳選 ピックアップを書いていきます。

 

パート1( スペシャライズド・トレック・キャノンデール・メリダ ) のほうは

「 こちらから 」 ご覧になってください。

 

よろしくお願い致します。

 

 

 


 

◎ ピナレロ ( イタリア )

 

 

 

「 ピナレロ GAN RS アルテグラ仕様 」 ¥498000(税別)

軽量エアロカーボンフレーム + 新型シマノ アルテグラ。

* チームスカイ レプリカカラー : フレーム価格 ¥428000 です。

 

 

 

 

「 ピナレロ GAN S 105仕様 」 ¥375000(税別)。

軽量エアロカーボンフレーム + シマノ105。

* チームスカイ カラー。

 

 

 

◎ ウィリエール ( イタリア )

 

 

 

「 ウィリエール グランツーリズモ R TEAM  アルテグラ仕様 」 ¥310000(税別)。

カーボンフレーム + 新型シマノ アルテグラ。

* フレーム価格 ¥200000(税別)です。 かっこいいマットブラックカラー。

 

 

 

「 ウィリエール ルナ アルミチーム ティアグラ仕様 」 ¥145000(税別)。

女性モデル。 アルミフレーム + シマノ ティアグラ。

* 女性に大人気のイタリアンメーカー ウィリエールの女性モデル。

 

 

 

 

◎ コルナゴ ( イタリア )

 

 

「 コルナゴ モンド2・0 ティアグラ仕様 」 ¥150000(税別)。

アルミフレーム + シマノ ティアグラ。

* イタリアンメーカーらしい、綺麗なカラーリング。

 

 

 

◎ リドレー ( ベルギー )

 

 

「 リドレー フェニックスC 」 ¥260000(税別)。

軽量カーボンフレーム + シマノ105。

* 振動吸収性の高いロングライドモデル。プロコンチネンタルチーム アクアブルースポーツカラー。

 

 

 

 

◎ デローザ ( イタリア )

 

 

「 デローザ アヴァント 105仕様 」 ¥277000(税別)。

カーボンフレーム + シマノ105。

* サンティーニカラー。 女性サイズあります。

 

 

 

 

◎ ビアンキ (イタリア)

 

 

 

「 ビアンキ ヴィアニローネ 7 クラリス仕様 」 ¥105000(税別)。

アルミフレーム + シマノ クラリス。

* 女性サイズあります。

 

 

 

◎ フェルト (ドイツ)

 

 

 

「 フェルト F95 」 ¥99800(税別)。

アルミフレーム + シマノSORA。

 

 

 

◎ アルゴン18 (カナダ)

 

 

 

「 アルゴン18 クリプトン 105仕様 」  ¥289000(税別)。

カーボンフレーム + シマノ105。

* フレーム価格 ¥183000(税別)。

 

 

 

◎ ジャイアント (台湾)

 

 

 

「 ジャイアント TCR アドヴァンスド 1 KOM 」 ¥245000(税別)。

カーボンフレーム + 新型シマノ アルテグラ。

* 新型アルテグラ搭載 おすすめロード。

 

 

 

という感じです。

 

2018年モデルのロードバイクを見てきて、各社おすすめのモデルを

ピックアップしてみました。

 

その他のモデルに関しても、お取り寄せできますし、サイズ等もありますので

初めてのお客様も、お気軽にご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは・・・・また明日アップします。

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。