おすすめMTB入荷!! スコット 【 SCALE990 】 & アップグレードのバイクをご紹介です。

本日2回目の書き込みです。

 

明日の天気が、雨の予報に切り替わりました。。。

朝6時からお昼過ぎまで 60% となっておりますので、

明日のモーニングライドは全て中止とさせていただきます。

 

大変申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

 

群馬でレースに参加する方は、雨の中頑張って走りましょう!!

( 元気があれば ・・・ 帰り次第、速報だけアップします。 )

 

 

 

さて、2018年ニューモデルが続々と入荷してきている中で、

本日も多くのお客様が、新車購入の相談でご来店をいただきました。

 

 

メーカーによって人気のモデルに関しては、

次回入荷時期が来年の3〜4月となっていますモデルも少しずつでてきております。

 

 

各バイクの入荷時期に関しては、オーダーが入り続けることで

入荷時期が少しずつ遅くなってくることがあります。

 

 

例えば ・・・ 昨年12月末にご注文をいただいた人気車種の

入荷時期が4〜5月になってしまったなど ・・・。

 

新しいバイクは、春になってから ・・・ と思っている方は、

もしかすると最終的にチョイスしたバイクが完売しているということもあるかもしれません。

 

 

色んなバイクがある中で、後悔しないオススメの

【 2018年モデルの中で選ぶべきバイク 】 というものがあります。

 

相談しながら、ベストな1台を決めていきましょう。

 

初めての方もお気軽にご相談をよろしくお願い致します〜。

 

 

 


 

【 2018モデル おすすめMTB!! スコット 「 SCALE990 」。 】

 

 

続々と2018年モデルが入荷してきていますが、

2018年モデルのマウンテンバイクのおすすめバイクが入荷してきましたので

ご紹介していきます。

 

 

 

 

スコット 「 SCALE990 」 ¥109000(税別) です !!

 

この価格で、シマノコンポーネントがフルスペックとなっております。

 

 

 

 

ブレーキ、シフト、全てシマノ製なので、初めての方でも安心して乗ることができますね。

 

 

 

 

今年からスコットは、29インチをメインバイクとしています。

 

29インチのアルミフレームに、SRサンツアーのフォーク。

シマノのドライブトレインと、このセットで ¥109000(税別)ということで、

コスパに優れた1台です。

 

これからMTBを始めようと考えている方は、候補に入れてみてくださいね〜(^o^)

 

よろしくお願い致します!!

 

 

 


 

【 アップグレードのバイクをご紹介していきます。 】

 

 

 

 

こちらのスペシャライズド アレースプリントは、

色んなパーツをアップグレードさせていただきました。

 

まずは・・・・

 

 

 

 

ホイールを、2018年モデルでおすすめの 「 マビック キシリウムエリートUST 」に

していただきました。

 

チューブレスタイヤが付属ということで、非常にグリップ力の強いタイヤがついてきます。

 

 

 

 

そして、大人気のウィッシュボーンのBBと、

シマノの105クランクに交換することで、変速性能も格段にアップします。

 

 

 

 

 

そして、ブレーキは、新型シマノ アルテグラ。

これがまたメチャクチャ効いてくれて最高です。

 

ブレーキに不安のある方はブレーキだけ交換するのもありです。

 

これで全く違うバイクとなっていると思いますので

たくさん乗ってくださいね〜(^o^)

 

ありがとうございました!!!!!

 

 

 

ではでは・・・また明日アップします〜。

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。