グランフォンド糸魚川

昨日はクラブハウスを休ませていただいて、グランフォンド糸魚川に参加してきました。

自転車を並べに行ったら知り合いのスタッフの方から「遠藤さん、あと2回で15年連続になるのでもう少し頑張ってよ。連続参加は6名しかいないんだから」って言われました・・・😀

今年で13年目、もうそんなになるんですね。

第1回目は大雨でした。

グランフォンドなんて言う言葉さえまだ知られて無いころだったのですが、能生町はトライアスロンの大会を開催していたころから毎年参加していてよく知っていました。

なので「面白そうだから参加してみようよ」とお客様を誘って出掛けました。

「雨だから出ない」と言って帰った人もいましたね。

いや~懐かしい!

 

今年のグランフォンド糸魚川は天気も最高で「楽し苦」走ることが出来ました・・・😀

今回気をつけたことは、最初からオーバーペースにならないこと。速いペースの参加者に付いて行って無理しないように一定ペースで走りました。

エイドは美味しい地元の食べ物がたくさんあるのですが、居心地が良くてついのんびりしたり、食べ過ぎたりということも無いようにしました。

最初の上りの母袋峠から第1エイドの向かうジェットコースターのようなコースは今年も楽しかったですねぇ!

「こえど越」や「市野々」の上りも何とかクリヤーして海岸線に戻った時はホッとしました。

スタート地点に戻る時に少しづつ大きくなっていく「お帰りなさい」というアナウンスの声を今年も心地よく聞くことが出来ました。

スタッフやボランティアの皆さん大変ありがとうございました。

 

 

 

 

 

このカレーは私設エイドで提供していただいています。場所は第2エイドの後なのでエイドは食べ過ぎてはいけません・・・😀

この記事を書いた人

遠藤 剛サイクルワークス Fin's社長

1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin’s」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。


この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

遠藤 剛

1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin’s」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。