一番人気のボトル【キャメルバック・ポディウム】入荷!! & キャノンデール・シナプス フルオーバーホール。

 

 

おはようございます〜。

 

 

昨晩は雨・風・みぞれがすごくて、夜中に何度も目が覚めました・・・。

そんな状況でもありましたので、今朝は久しぶりに7時ごろまで寝まして9時からはNGTミートアップに参加しました。

 

 

 

 

 

 

今日のライドは、面白いマンガ・動画のお話や、スプリントのコツ・ポイントをお話させていただきました。

 

 

おそらくスプリントのコツに関しては、自分がこの1年ほどで考えていたお話をさせていただきましたので

有料級な内容だったと思います・・・笑 ( みんな、絶対に内緒ね )

 

 

また天気が悪い日に企画をさせていただきますので、ご参加お待ちしております。

 

 

* 本日、17:46から 【 Zwift Racing League  】のライブ配信をYoutubeにて行います。

新潟メンバーから、麒麟山のりゅーじ、SGMのMGWくん、そして私が参戦します。

今日のコースは5つのスプリントポイントでの中間ポイントに加え、最後の1kmがヒルスプリントゴールとなります。

チャットでの応援よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんでもって、昨日はお昼に土手の様子を見に行ってきました。

 

結構、雪が減っていましたが、積もっているところはまだ少し時間がかかりそうです。

 

あと2・3週間ってところでしょうか。

 

自転車の準備だけは、バッチリとしておきましょう!!

 

 

 

さて・・・ 今日はオーバーホールのバイクのご紹介と、当店で一番人気のボトルをご紹介していきます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

まずは、こちらのキャノンデール・シナプスは、フルオーバーホールをさせていただきました!!

 

 

 

 

 

 

キャノンデールらしいカラーリングで、人気の一台でした。

 

 

 

 

 

 

コンポーネントは、スラム・レッド。

 

今でもヒルクライマーの方が愛用されている軽量コンポーネントです。

 

 

 

 

 

 

 

バーテープは、キャノンデールと相性の良いファブリック。

 

 

色々と消耗部品関係も交換させていただきました!!

 

 

春までもう少し。暖かくなってきたら走り始めましょう〜♪( ´θ`)ノ

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

続きまして ・・・ シーズンインと共に、新しいボトルでスタートしましょう。

 

当店一番人気のボトル 【 キャメルバック 】です。

 

こちらは保冷2倍のボトルとなります。

 

新しい飲み口となっていますので、水量よし・飲みこぼしもなしということで

オススメのボトルとなっております。

 

 

シーズンインと共に、新しいボトルで走り出しましょう!!!

 

 

 

 


 

 

 

 

 

これからスポーツバイクを始められる方へ。

 

クロスバイクと、ロードバイクで迷っている方も多いと思いますが、

そんな方はフラットバーロードという選択はいかがでしょうか??

 

 

Youtubeアップ⤴️ ⤴️

 

クロスバイクとロードバイクで迷っている方へ【フラットバーロードのススメ】

 

 

 

動画の中でもお話をしていますが、各メーカー在庫がほとんどなく、納期もかなりかかってしまいます。

4月〜5月入荷だとかなり早い方で、オススメさせていただいておりますバイクも4月入荷となっています。

 

 

その他、もうすでに在庫のあるものは展示しておりますので、まずはご来店お待ちしております。

 

 

 

ではでは・・・・また明日、アップします〜。

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。