2016 グランフォンド糸魚川

グランフォンド糸魚川に参加してきました。

去年、一昨年と雨に降られていましたが、今年は天気も良くて最高でした!

また、道路の状態も補修やコース変更などで年々キレイになっていて、楽しく走ることが出来ました。

まぁそうは言っても、コースの厳しさは変わらないのですが・・・🙂

 

早めに自転車を並べておいたので8時過ぎにスタート、前半の自転車道はゆっくり走ります。

名立からいよいよ山岳コースの始まりです。

いつも前半からオーバーペースになるので、今年はしっかり押さえて登り始めました。

このころになると気温も上がり始め、暑さも感じるるようになってきました。

アップダウンをこなして第1エイドに到着。

img_3510  img_3511

「おっぱいパン」や笹寿司、笹団子をいただきました。

「う~んこれですよね、糸魚川は・・・🙂」

img_3514  img_3517

その先の「こえど越え」で元祖悪魔おじさんに久しぶりに会いました。

img_3518  img_3527

そこから一気に下って、第2エイド、ここでもたくさんの食べ物が並んでいます。

img_3526  img_3525

このあとは、私設エイドのカレー屋さんがあるので、食べ過ぎないようにしないとカレーがお腹に入らなくなります!

ここがまた楽しみなんですよね~、いつもありがとうございます。

img_3533  img_3529

そこからシーサイドバレースキー場の第3エイドに向かう前に、また激坂が出現します。

標高は「こえど越え」のほうがあるのですが、疲れてきているところで上り始めるのでもうフラフラです。

歩いている参加者の方もらっしゃいました。自転車を降りたくなりますよね!

ようやく登り切ってから下ると、スキー場のエイドステーションです。

ここは少しゆっくり休憩して、最後の走りに備えました。

img_3535  img_3536

このあとの海岸線に出るまでも、細かいアップダウンが連続します。

一緒に走っていたお客様と揃って、ようやくゴールしました。やれやれ・・・🙂

今年は天候にも恵まれて久しぶりに楽しい糸魚川でした。

実行委員会やボランティアの皆様、大変ありがとうございました。

この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

この記事を書いた人

遠藤 剛サイクルワークス Fin's社長
1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。

遠藤 剛

1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。