2017 スコット 厳選おすすめロードバイク入荷!! & お渡しの修理バイクご紹介。

おはようございます!!

 

今週はなんとか天気が持って来れそうですね〜(^o^)

 

新潟ヒルクライム ・ 信越五高原ロングライド へ参加される皆様は

がんばって怪我のないように走りきりましょう〜!!

 

 

さて、今日は今週入荷してきました 「 2017 スコット 」 の厳選おすすめロードバイクを

ピックアップしていきたいと思います。

 

 

まずは・・・

 

 

IMG_0815

IMG_0816

 

 

こちら。

 

スコット 「 FOIL 30.1 」 ¥299000(税別) です!!!

おや?? これは。。。 と思われた方は、スコット通。

 

 

そうです。2016年モデルと同じカラー、同じ仕様なんです。

 

でも・・・このバイクは、同じカラー・仕様で2016モデルの価格が¥380000(税別)だったんです。

 

 

なので・・・約 ¥80000もお得なモデルとなっています!!!(^o^)

 

 

2017モデルは、このフレームだけで実際の価格が¥300000となっておりますので、

完成車のほうが安いんです!!!

お買い得感満載の 「 FOIL 」。 ぜひ店頭にてチェックしてみてください〜( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

続きまして ・・・

 

 

IMG_0817

 

 

こちらは、 「 アディクト 30 」 ¥299000(税別) です。

 

HMFのカーボンフレーム ・・・ フレーム価格 ¥280000(税別)を使用しながらも

シマノ105のセットで、¥299000(税別)となっている超お買い得感満載の軽量バイク。

 

フレーム重量は、約900gほどなので軽量なパーツで仕上げれば

あっという間に 6kg台に突入します。

 

振動吸収性にも優れていますので、ロングライド派の方もぜひご注目ください〜。

 

 

続きまして・・・・

 

 

大人気のエントリーモデル 「 スピードスター 」。

 

2016年モデルと、2017年モデルのカラーリングを比べてみると ・・・

2016年モデルのほうがカッコよかったので、こちらを入荷させました。

 

 

IMG_0814

 

スピードスター 30 ¥135000(税別)。

 

 

そして・・・

 

 

IMG_0818

IMG_0819

 

 

こちらは女性モデルの 「 コンテッサ スピードスター30 」 ¥135000(税別) です。

 

この2車種は、2016年モデルのカラーリングとなっておりますので

台数限定となりますが、通常の価格よりお買い得価格とさせていただきます。

 

 

新型シマノ ティアグラ搭載の大人気モデルですので、これから初められる方はぜひご注目ください〜\(^o^)/

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

旧型ではありますが、2017年モデルのカタログには載っております。

2017年モデル スコット もぜひぜひご注目ください〜(*^^*)

 

 


「 お渡しの修理のバイク ご紹介 」

 

IMG_0971

IMG_0972

 

 

20年以上前に当店で組み立てられたロードバイクを、修理に持ってきていただきました。

 

ワイヤー、バーテープ、タイヤなどなど・・・ 消耗部品を交換させていただきまして、

バッチリ乗れるようになりました(^o^)

 

 

昨日のブログにもアップさせていただきましたが、

今現在 修理のほうお持ちいただければ、すぐにお預かりさせていただきます。

 

ワイヤー交換、バーテープ交換などの消耗部品交換から、

パーツのアップグレードなども、もちろんOKです。

 

 

バイクのほう他店ご購入のお客様も、この期間であればすぐにお預かりさせていただきますので

お気軽にお持ちください。

 

 

よろしくお願い致します。

ではでは・・・またアップします!!!!

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。