来週の祝日営業について。 & フルオーバーホールのバイク2台ご紹介です。

おはようございます〜。

 

昨日・今日とキンキンに冷え込んでいる長岡です。

昨日から車の運転も怖いくらいに路面が凍結していますね・・・。

 

この5日ほどは冷え込んで気温も低いということなので、風邪には気をつけていきましょう。

 

 

 

さて・・・・

まずは、今週末のモーニングライドですが、この天気ですので今週はお休みとさせていただきます。

 

 

しばらく展示会が続いたことで、ZWIFTの距離が伸びていないので

少しがんばってZWIFTをやる2日間にしたいと思います。

( ZWIFTチャレンジの距離は明日アップします・・・。集計サボっていて申し訳ございません。 )

 

 

* 今日の朝ZWIFTレースは、フェイスブックでLIVEされていました。

【 KOA SPORTS Warrior RACE 】

 

世界の強豪選手の中で最終スプリントに絡んで6位。

ぼちぼち、シーズンインに向けてあげていこうと思います。

 

 

 

話は変わりまして ・・・・

 

来週の11日(火曜・祝日)ですが、第2週目の火曜日ということで、通常ですと定休日となりますが

この日は 「 11:00 〜 19:00 」 で営業をさせていただきます。

 

その代わりに、翌週の18日(火曜)を代休とさせていただきますので、よろしくお願い致します。

 

 

 

今日はフルオーバーホールをさせていただきましたバイクを2台ご紹介していきます。

 

 

 


 

 

 

 

まずは、こちらのトレック・エモンダSLはフルオーバーホールをさせていただきました!!

 

 

 

 

 

ミドルグレードながらも、900gほどの軽量カーボンフレームであるエモンダSL。

 

剛性・振動吸収性・軽さのバランスが良いバイクです。

 

フレームはマットカラーのクリーナーで汚れを落としています。

 

 

 

 

 

 

ホイールは大人気のキシリウムエリートUST。

 

後ろタイヤが、やや減り気味だったので前後のタイヤをローテーションさせています。

 

 

 

 

 

 

ワイヤー・チェーン・バーテープなどの消耗部品関係は全て交換させていただきました。

 

バーテープは人気のスパカズ・オイルスリックカラーです。

 

 

 

 

 

 

こちらも人気のスペシャライズド・パワーサドル。

 

ショートノーズサドルの火付け役と言ってもいいほど、前乗りポジションの方に人気のサドルです。

 

いろんなサドルがありますが、今の時期がサドルのチョイスには適した時期だと思います。

 

ローラートレーニングで、いろんなレンタルサドルを試してみることもできますので

サドルに悩んでいる方はスタッフまでご相談をよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

新車同様に仕上がっておりますので、2020シーズンも楽しんでくださいね〜٩( ‘ω’ )و

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして ・・・・ こちらのBHもフルオーバーホールをさせていただきました!!

 

 

 

 

 

こちらもフレーム重量 840gほどの軽量カーボンフレーム。

 

いつかのツールで、リナルド・ノチェンティーニという選手がマイヨジョーヌを獲得した時に

乗っていたフレームがこのBHのG5です。

 

 

 

 

 

 

ホイールは、こちらもキシリウムエリート。

 

USTモデルの前のモデルなのでチューブレスではありませんが、ミドルグレードの中でも

軽量でロングライドに適しているホイールです。

 

タイヤは、グランプリ5000。

 

 

 

 

 

 

細かい部分ですが、トップキャップのボルトを交換させていただきました。

 

ステムのボルトや、トップキャップボルトなど、錆が気になる方は交換可能です。

 

チタンではなくステンレス製なので価格もそこまでしません。

 

 

 

 

 

 

ワイヤーのカラーはイエローをチョイス。

 

それに合わせてバーテープはホワイト。 フレームとワイヤーが擦れる部分のプロテクターもホワイトにしました。

 

 

 

 

 

 

 

ボトルケージのボルトも今回、軽量アルミカラーボルトへチェンジ。

 

フレームカラーに合っていますね〜。

 

 

今シーズンは雪が少ないので、シーズンインしてからのライドもいろんなところへ行けると思います。

2020年も楽しんで乗ってくださいね〜。 ありがとうございました!!

 

 

 

オーバーホールのお話で1つ。

 

各種回転部分 ( ペダルやBB、ヘッドなどなど ) はバラして、グリスアップをさせていただいております。

フルオーバーホールの作業は、ベアリングの状態や、各パーツを全体的にチェックするため、

それらのパーツの欠陥を見つけることも可能です。

 

人間で言うと、 「 健康診断 & 定期的な治療 」 のようなものなので、

消耗している部分は交換が必要となります。 たくさん乗っている方はオーバーホールの作業をやって、

シーズンインまでに完璧な状態にしておきましょう!!

 

 

* 引き続き、修理・オーバーホールの予約は受け付け中です。

ご予算内での作業も受付しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

ではでは・・・・また明日アップします〜。

 

 

 

 

◎ お知らせ

 

YOUTUBEチャンネル始めました!! 1週間に2・3回の動画をアップ中 ٩( ‘ω’ )و

最新自転車・パーツのご紹介から、初心者・入門者へ向けた内容、メンテナンスや、レースでのお話など

いろんなスポーツ自転車の情報をアップしていきます。

↓    ↓    ↓

【 STAFF KNTの自転車塾!! 】

チャンネル登録・いいね!をよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

決算前 特価セール特集 !!!!!

【 ロードホイール  セール特集 】 20%~50%OFF!!!!

【 ロードバイク完成車 セール特集 】 15%〜40%OFF!!!!

 

 

☆ 【 どんなご質問でもお気軽にどうぞ。 フィンズお問合わせフォーム 】

新車のご購入を検討されているお客様、 修理・メンテナンスをご希望のお客様、

パーツ・アクセサリー・ウェアのお問合わせ、 ポジション・フィッティングのご相談など、

初めてのお客様もお気軽にご相談くださいm(__)m

 

 

◎ フィンズ オンラインショップ開始!!!!

https://fins1991.base.ec/

少しずつ商品点数をアップしていきます。 ¥10000以上購入で、送料無料!!!\(^o^)/

遠方の方は、ぜひご利用ください〜☆

載っていないものがあれば、メールでもご注文可能です。

↓ ↓

fins1991@major.ocn.ne.jp

 

 

 

 

お店の紹介 (シクロワイアード様) : http://www.cyclowired.jp/shop/node/184461

フィンズ HP  ・・・ http://www.cw-fins.com/

STAFF KNTのブログ ・・・ STAFF KNTの自転車塾

フィンズ Twitter ・・・ https://twitter.com/fins_staff

フィンズ FB ・・・ https://www.facebook.com/fins.nagaoka

フィンズ インスタグラム ・・・ https://www.instagram.com/cycleworksfins/?utm_source=ig_profile_share&igshid=2i6e5alz2w5e

 

スポーツバイクプロジェクト長岡 FB ・・・ https://www.facebook.com/スポーツバイクプロジェクト長岡-851414361632533/

越後長岡チャレンジサイクリング FB ・・・ https://www.facebook.com/encc.fp

新潟自転車乗り情報共有グループ FB ・・・ https://www.facebook.com/groups/381625862029267/

( 新潟県在住・出身者 、かつ 公開にてスポーツバイクの画像を貼りつけている方のみ参加OKとなります。

今現在1000名ほどグループ内にメンバーがいます。)

よろしくお願い致します~(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。