角田浜トレイル 整備・ライド!! & トレック マーリン7Womenと、オーバーホールのバイクご紹介です。

アップが遅くなってしまいました。。。。

 

 

 

今日は朝早くから、角田浜トレイルへ整備 & ライドへ行ってきました!!٩( ‘ω’ )و

 

 

 

 

 

 

 

コース上で、ブレーキをかけるところが掘れてきているということで、

その部分に丸太を埋めて、補修する作業でした。

 

 

重い丸太を何度か運んで、腕パンパン・・・笑

日頃からあまり腕の筋肉を使っていないので(ダンシングくらい?)、良いトレーニングになりました。

 

 

 

 

 

 

丸太を埋めて、補修作業完了。

 

45分ほどの整備の後は ・・・・ 1時間耐久レースへ参加してきました〜( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

今日のライドは脂肪燃焼を目的としていましたので、1周だけ先頭集団で頑張ってから

残り2周を心拍を落として走りました。

 

 

 

 

 

 

今日は、お初のGOPROを取り付けてのライドでした。

 

もうすでにお店のフェイスブックにはアップさせていただきましたので、ぜひぜひご覧ください〜。

 

「 お店のフェイスブック 」

 

よろしくお願い致します( ^ω^ )

 

 

 

さて・・・・ 今日はお渡しをさせていただきましたフルオーバーホールのロードバイクのご紹介と、

これからお渡しさせていただきますマウンテンバイクのご紹介です。

 

 

マウンテンバイクを始める方、多くなっておりますのでトレイルライドが気になるお客様は、

一緒に走りましょう〜!!

 

 

 


 

 

 

 

 

こちらのメリダのロードバイクは、フルオーバーホールと、

新年セールのカーボンホイールを取り付けさせていただきました!!

 

 

リムハイトは35mmですが、一気に見た目がカッコ良くなりましたね〜( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

ホイールは、フルクラムのレーシングクアトロカーボン。

 

タイヤはコンチネンタル・グランプリとなっています。

 

見た目も性能も良く、お買い得なオススメのカーボンホイールです。

 

 

 

 

 

 

 

ワイヤーグレードは、PTFE・オプティスリックの組み合わせ。

ミドルグレードですが、これでも動きがよく一番人気のワイヤーの組み合わせとなっています。

 

 

バーテープは、フレームカラーに合わせて、スパカズのピンクをチョイス。

 

 

 

 

 

 

 

ドライブトレインは、チェーンも交換し全てピカピカに。

 

ペダルもグリスアップをしています。

 

 

 

 

 

ボトルケージは、やはりメーカーとカラーリングを合わせると全体的にカッコ良く見えますね〜。

 

ネジもカラーボルトをチョイスし、見栄えよし。

 

綺麗にカッコ良く仕上がりました。

 

 

2020年シーズンもたくさん乗ってください!!

 

ありがとうございました〜( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

 

続きまして ・・・・ トレックの女性用のマウンテンバイク 【 マーリン7 Women 】 です。

 

価格は ¥78000(税別) です!!

 

非常に綺麗なカラーリングのフレームと、シマノパーツで統一された人気のマウンテンバイクとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキ・シフト・変速機・クランクなど・・・ 全てシマノとなっていますので変速性能もいい感じです。

 

初めてのスポーツ自転車の場合は、シマノのコンポーネントがフルセットついているものが

乗りやすくて良いと思います。

 

 

 

 

 

 

フロントフォークは、ロックショックス ・ XC30。

 

ロックアウト機能が付いていまして、ヒルクライム時にはロックオン!!

フロントフォークが、フニャフニャすることはありません。

( 上りだけロックを使用し、下りでは解除してください )

 

 

 

 

 

 

 

女性用のモデルということで、フレームがやや低床となっていまして乗り降りもしやすく、

サドルに関しても女性用のサドルが取り付けられています。

 

 

 

 

 

 

 

この価格帯のバイクでも、全て同じような組み立て方をしております。

 

画像はBBのフェイスカット。

 

BBはフェイスカットという面出し作業後に、グリスアップをしまして緩みの出にくいように仕上げています。

 

 

 

 

 

 

フレームの面出し作業は、こんな感じでカットしていきます。

 

実はこの部分に塗装がのっているだけで、ボコボコになっている状態になっています。

 

その塗装を剥ぎ落とし、まっすぐな面を出し、グリスアップをすることが重要な作業となります。

 

 

 

 

 

 

 

これだけの塗装を剥ぎ取りました。

 

 

スポーツ自転車は一番初めの組み立てが一番大事となります。

 

しっかりと組み立て・メンテナンスをされているバイクを選びましょう!!

 

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

ではでは・・・・ また明日、アップします〜。

 

 

 

 

◎ お知らせ

 

YOUTUBEチャンネル始めました!! 1週間に2・3回の動画をアップ中 ٩( ‘ω’ )و

チャンネル登録数 2600人突破!!!!

最新自転車・パーツのご紹介から、初心者・入門者へ向けた内容、メンテナンスや、レースでのお話など

いろんなスポーツ自転車の情報をアップしていきます。

↓    ↓    ↓

【 STAFF KNTの自転車塾!! 】

 

そして、STAFF KNTのサブチャンネル(日常日記・トレーニングなど)も始めました。

 

【 STAFF KNTのVLOGチャンネル!!    】

 

チャンネル登録・いいね!をよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

これからロードバイクを検討されている方は

ここからチェック!!!

↓   ↓

【 ロードバイク完成車 セール特集 】 15%〜40%OFF!!!!

 

 

 

ビンディングシューズ スーパーセール!!!

20〜50%OFF٩( ‘ω’ )و      ↓    ↓

【ビンディングシューズ お買い得セール】 20〜50%OFF!! ビンディングに挑戦しよう٩( ‘ω’ )و

 

 

 

 

 

☆ 【 どんなご質問でもお気軽にどうぞ。 フィンズお問合わせフォーム 】

新車のご購入を検討されているお客様、 修理・メンテナンスをご希望のお客様、

パーツ・アクセサリー・ウェアのお問合わせ、 ポジション・フィッティングのご相談など、

初めてのお客様もお気軽にご相談くださいm(__)m

 

 

◎ フィンズ オンラインショップ開始!!!!

https://fins1991.base.ec/

少しずつ商品点数をアップしていきます。 ¥10000以上購入で、送料無料!!!\(^o^)/

遠方の方は、ぜひご利用ください〜☆

載っていないものがあれば、メールでもご注文可能です。

↓ ↓

fins1991@major.ocn.ne.jp

 

 

 

 

お店の紹介 (シクロワイアード様) : http://www.cyclowired.jp/shop/node/184461

フィンズ HP  ・・・ http://www.cw-fins.com/

STAFF KNTのブログ ・・・ STAFF KNTの自転車塾

フィンズ Twitter ・・・ https://twitter.com/fins_staff

フィンズ FB ・・・ https://www.facebook.com/fins.nagaoka

フィンズ インスタグラム ・・・ https://www.instagram.com/cycleworksfins/?utm_source=ig_profile_share&igshid=2i6e5alz2w5e

 

スポーツバイクプロジェクト長岡 FB ・・・ https://www.facebook.com/スポーツバイクプロジェクト長岡-851414361632533/

越後長岡チャレンジサイクリング FB ・・・ https://www.facebook.com/encc.fp

新潟自転車乗り情報共有グループ FB ・・・ https://www.facebook.com/groups/381625862029267/

( 新潟県在住・出身者 、かつ 公開にてスポーツバイクの画像を貼りつけている方のみ参加OKとなります。

今現在1000名ほどグループ内にメンバーがいます。)

よろしくお願い致します~(^O^)

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。