本日の営業時間と、オーバーホールのお話。 & ブリヂストンアンカー 【 RL3ドロップ 】。

おはようございます。

 

本日の営業時間ですが、11時から17時までの営業とさせていただきます。

 

大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

本日はこの天気ですので、ゆっくりとした接客のお時間が取れると思います( ^ω^ )

 

人気となっております、【 お客様ご紹介キャンペーン 】   や、

オーバーホールのご予約、修理のご相談など、お時間があるお客様はご来店お待ちしております。

よろしくお願い致します。

 

 

 

さて・・・ そんなお問い合わせの多くなっております 【 オーバーホールのお話 】 です。

 

 

 

 

 

 

【 オーバーホール 】 って何??  というお話からです。

 

自転車に乗っていると、消耗してしまうパーツがあったり、必要なグリス・オイルが抜け落ちてしまって

グリスアップをしてあげなければいけない部分も出てきます。

 

そんなパーツの一つ一つをばらしてあげて、洗浄・磨き上げ・グリスアップなど施し、

新車同様に仕上げる作業を 「 フルオーバーホール 」 といいます。

 

オフシーズンを中心に作業をさせていただいておりますが、来シーズン1年もまた楽しんで自転車を

乗ることができるように 「 愛車のメンテナンス 」 をしてあげましょう。

 

 

 

作業内容は、フルオーバーホール以外にもございまして ・・・・

 

チェーン周り(ドライブトレイン)を中心にオーバーホールをさせていただきますハーフオーバーホールや、

回転系パーツなど気になる部分のみをオーバーホールをする部分的なオーバーホールだったり、

消耗部品のみを交換させていただきます修理など、作業内容やご予算に応じて作業を承っております。

 

 

メンテナンスのおおよその基準となります交換時期については以下の通りです。

 

 

◉ チェーン ・・・ 3000〜4000km

◉    タイヤ・チューブ ・・・ 3000〜4000km

◉    ワイヤー ・・・ 5000km

◉    ブレーキシュー ・・・ 4000〜5000km (ブレーキのかけ方・仕様による。)

◉     バーテープ ・・・ ワイヤー交換の際に交換が必要

◉    ブラケットカバー ・・・ べたついている方はオーバーホールの時期に交換を。

◉     ヘッド・BB・ペダル・ホイールのハブなどのグリスアップは、8000〜10000kmに一度。

 

 

 

年間走行距離で、4000〜5000kmほど乗っている方であれば、2年に1度のフルオーバーホールを勧めています。

パーツの消耗度に関しては、使用しているパーツの耐久性などによっても変わってきますので、

気になるお客様はチェックのみでも結構ですので、バイクをお持ちになってください。

 

 

 

 

 

ちなみに ・・・

コンポーネントのアップグレードなどは、このオーバーホールの時期が費用もお安くなりますので一番おすすめです。

ご予算内でのアップグレードなども相談していただければ、いろんな提案もできますのでよろしくお願い致します。

 

 

そして ・・・

昨年も多かった 「 バイクフィッティング 」 についても、この時期がおすすめ。

乗っていて疲れる・・・という方や、自分のポジションがあっているかどうかをチェックしてもらいたいという方は

このオーバーホールの時期であれば、90分ほどのフィッティングで¥7500(税別)で受けることができます。

 

このフィッティングで、今年はヒルクライムで優勝されたお客様もいらっしゃいますので

ポジションが気になっているお客様はご相談をよろしくお願い致します( ^ω^ )

 

フィッティング・オーバーホールに関しては、他店ご購入のお客様のバイクも受け付けておりますので、

お気軽にご相談をよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

ご予約はメールでも受付しております。

 

【 fins1991@major.ocn.ne.jp    】 こちらのメールアドレスまでご連絡をよろしくお願い致します。

 

 

 

オーバーホールのお話は以上です。

 

 

 


 

 

 

 

お渡しのロードバイクのご紹介です。

 

ブリヂストンアンカー    【 RL3 ドロップ 】 ¥105000(税別) です。

 

今現在、絶賛キャンペーン中の 【 ブリヂストンアンカー  ロードスタートキットキャンペーン 】!!

必要となってきます ¥16000分のアクセサリーをサービスさせていただくおすすめ車種です( ^ω^ )

 

 

 

 

 

フレームは、マットとグロスのブラックに、差し色でブルーが入っているかっこいいカラーリング。

 

フレームは上位モデルのRL6と同じフレームを使用しているため、非常にお買い得なロードとなっています。

 

のんびりゆっくりとロングライドを楽しむ設計で、ヘッドチューブが長めに設定されていまして、

無理な前傾姿勢をとらずに走れます。

 

 

 

 

 

コンポーネントは、シマノSORA。

 

ブレーキもしっかりシマノ製です。

 

 

 

 

 

 

タイヤやチューブ、サドルなど、アンカーオリジナルのパーツがいろんな部分についてきます。

 

 

オリンピックに向けて、日本選手団・ブリヂストンアンカー を応援していきましょうね!!

 

のんびりとロングライドを楽しんでください〜٩( ‘ω’ )و

 

 

ありがとうございました!!!

 

 

 

ではでは・・・・ 今日のアップは以上です。

 

明日も早めに営業時間をアップさせていただきます。

皆さま、お気をつけて。

 

 

 

 

◎ お知らせ

 

 

決算前 特価セール特集 !!!!!

【 ロードホイール  セール特集 】 20%~50%OFF!!!!

【 ロードバイク完成車 セール特集 】 15%〜40%OFF!!!!

 

【 フィンズ ZWIFT チャレンジ !! 】 12月14日(土)から開始

【 各種チームジャージ 予約受付開始 !! 】 年末まで

【 2月22・23日 マラソン & 飲み会 & サイクリングツアー IN 関東 】 エントリー年末まで

 

 

☆ 【 どんなご質問でもお気軽にどうぞ。 フィンズお問合わせフォーム 】

新車のご購入を検討されているお客様、 修理・メンテナンスをご希望のお客様、

パーツ・アクセサリー・ウェアのお問合わせ、 ポジション・フィッティングのご相談など、

初めてのお客様もお気軽にご相談くださいm(__)m

 

 

◎ フィンズ オンラインショップ開始!!!!

https://fins1991.base.ec/

少しずつ商品点数をアップしていきます。 ¥10000以上購入で、送料無料!!!\(^o^)/

遠方の方は、ぜひご利用ください〜☆

載っていないものがあれば、メールでもご注文可能です。

↓ ↓

fins1991@major.ocn.ne.jp

 

 

 

 

お店の紹介 (シクロワイアード様) : http://www.cyclowired.jp/shop/node/184461

フィンズ HP  ・・・ http://www.cw-fins.com/

STAFF KNTのブログ ・・・ STAFF KNTの自転車塾

フィンズ Twitter ・・・ https://twitter.com/fins_staff

フィンズ FB ・・・ https://www.facebook.com/fins.nagaoka

フィンズ インスタグラム ・・・ https://www.instagram.com/cycleworksfins/?utm_source=ig_profile_share&igshid=2i6e5alz2w5e

 

スポーツバイクプロジェクト長岡 FB ・・・ https://www.facebook.com/スポーツバイクプロジェクト長岡-851414361632533/

越後長岡チャレンジサイクリング FB ・・・ https://www.facebook.com/encc.fp

新潟自転車乗り情報共有グループ FB ・・・ https://www.facebook.com/groups/381625862029267/

( 新潟県在住・出身者 、かつ 公開にてスポーツバイクの画像を貼りつけている方のみ参加OKとなります。

今現在1000名ほどグループ内にメンバーがいます。)

よろしくお願い致します~(^O^)

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。