テールライトを付けましょう〜♡ & ライド後のお楽しみ〜☆ & オンヨネ女子ジャージ!!

おはようございます〜!!

 

今日はこれから、長岡MTBフェスのコース作成へと行ってきます〜\(^o^)/

 

今週末までエントリーのほうを受付しておりますので

初めての方でも気軽に楽しめるアットホームなマウンテンバイクイベントに

ぜひご参加ください〜\(^o^)/

 

 

※ もしマウンテンバイクを持っていない方で、参加したい方がいらっしゃいましたら、

スタッフまでお問い合わせください〜。メールでも結構です。 → fins1991@major.ocn.ne.jp

 

「 長岡MTBフェスティバル2016 Vol.2 2時間耐久レース 」

イベントHP ・・・ http://sb-project-nagaoka.com

エントリー ・・・http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/66593

 

 

 

そして、8月11日(木・祝)の 「 白馬47 マウンテンバイクツアー 」 への

参加者も募集中です!!!

 

こちらもマウンテンバイクを持っていなくて、参加したい方も試乗車がありますので

お気軽にお声がけください。

 

参加表明は、8日、月曜日までとさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

 

 


さて、入荷してきました商品のご紹介です。

 

まずは・・・ 「 テールライトをつけましょう!!! 」 ということで、

私も使用しているテールライトのご紹介です。

 

 

IMG_0144

 

「 3LED テールライト USB充電タイプ 」 ¥2500(税別)です。

 

色んなメーカーのUSB充電タイプを使用してきましたが、

これがお買い得で、明るいライトでした。

 

ロードバイクの方の場合、トンネルや洞門などを通ることがあると思います。

その際は、車からしっかり安全が確認できるようにテールライトをつけておきましょう。

 

 

当店にはこの他にも色んなテールライトがあります。

ぜひチェックしてみてください〜!!!\(^o^)/

 

 

続きまして・・・

 

IMG_0041

 

 

ライド後のお楽しみは ・・・ ビール!!!! ではなくて、

これを飲みましょう!!!

 

グリコのプロテイン。

 

こちらのプロテインは、代食としてもOKなプロテインで

ライド後の疲れた身体に最高の一杯として身体へ浸透してくれます・・・笑

 

筋肉の回復、強化にもつながりますので、ぜひこの時期のライド後は

このプロテインで筋肉強化をしましょう!!!

 

 

 

同じグリコから・・・こちらも再入荷です。

 

IMG_0148

 

 

オキシドライブ!!!

ドリンクタイプと、サプリメントです。

 

どちらも大人気。 「 呼吸持久力をアップさせる 」 ということで

ヒルクライムシーズンにはぴったりなアイテムですね(^o^)

 

 

ぜひチェックしてみてください。

 

 

最後に・・・

 

IMG_0051

 

 

女性用ウェアも、多く展示しております。

オンヨネから、人気の女性用ウェアが入荷してきました!!!!

 

アシンメトリーデザインながらも、シンプルでかっこいい女性用ウェア。

地元長岡のオンヨネさんが、日本生産で仕上げているウェアです。

 

かっこいいウェアで、たくさん乗りましょうね〜(*^^*)

 

 

ではでは・・・また夕方にアップします。

 

 

 

※ 昨日、8月〜10月のイベントをピックアップしてみました。

まだエントリーをしているイベントも有りますので、是非一緒に参加してみましょう!!!

 

http://blog.goo.ne.jp/fins1991_1980/e/02fdca21876a2b9327d47165d05a52f8

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。