ピナレロ エアロロード 【 GAN RS 】。 & スコット 【 SCALE930 】と、本日の角田浜〜。

もうすでに良い感じの時間になっちゃいましたが、本日は1回目の書き込みですm(__)m

 

 

また閉店前にアップさせていただきます!!

 

 

さて・・・・ 今週も早朝からお客様と一緒にマウンテンバイクを楽しんできました♪( ´θ`)ノ

 

 

 

 

 

 

7時前に長岡を出発した時には、雪がちらつく天気でどんよりしていましたが、

角田浜へ向かっていくにつれて、どんどん晴天に ( ̄∀ ̄)

 

これだけ天気が違うと、群馬あたりへ遠征に行ったような気分になります・・・笑

 

 

昨日、購入されたばかりのお客様と一緒に、上げすぎず・・・下げすぎず・・・

ちょうど良い感じのペースでみんなでぐるぐると。

 

 

 

 

 

 

 

途中休憩を含めて、2時間ぐるぐると。

 

筋肉・心拍ともに、いい感じに追い込むことができました。

 

 

 

明日は少し集合時間を変更しました。

天気予報を確認すると ・・・ 朝8時ごろから雨の予報なので、早朝からライドをしようと思います。

 

 

朝6時30分ごろに角田浜に到着予定で行きます。

まだ案内は出ていませんが、その後整備があるようであればお手伝いをしましょう。

 

 

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

今日はお渡しさせていただきましたロードバイクと、

今日の角田浜も一緒に行きましたお客様のマウンテンバイクをご紹介していきます!!

 

 

 


 

 

 

 

スコット 【 SCALE 930 】 ¥269000(税別) です。

 

2018年モデルということで、お買い得価格とさせていただきました。

 

そして、今日の角田浜トレイルにも一緒に行ってきました♪( ´θ`)ノ

 

 

 

 

 

軽量なフルカーボンフレーム。

王滝にも挑戦するということでぴったりなバイクです。

 

 

 

 

 

 

フロントフォークは、FOX 「 RHYTHM 32 」。

 

タイヤは、マキシスの人気タイヤ IKONがついています。

 

 

 

 

 

 

主流となってきているフロントシングルですが、山遊び・レースなどでは、

シングルのほうがチェーントラブルも少なく走りに集中できると思います。

 

 

まだまだバイクに慣れていないと思いますが、引き続きマウンテンバイクを楽しんでいきましょう!!!

 

ありがとうございました〜。

 

 

 

 

続きまして、お渡しさせていただきましたロードバイクをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

ピナレロ 【 GAN RS 】 ¥498000(税別) です!!

 

2018年モデルということで、お買い得価格とさせていただきました。

 

* 各種パーツは、もともとついていましたものを取り付けさせていただいております。

 

 

 

 

 

上位モデルのドグマを継承するフレーム形状で、フレーム重量は900gほど。

 

軽量でかつ剛性感の高いカーボンフレームとなっております。

 

カラーリングは、チームスカイのレプリカカラーとなっています。

 

 

 

 

 

 

パーツは、完成車仕様でフルセットでアルテグラとなってますが、

元々のバイクについていましたシマノのパワークランクを移植。

BBは、ウィッシュボーンのセラミックを取り付けさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

ホイールは、SACRA。

 

お買い得な価格ながらも、軽量で剛性も高いホイールです。

 

また新しいモデルも出てくるようなので、SACRAご注目ください〜。

 

 

 

 

今シーズンのレースは、きっと結果がでることでしょう。

気合い入れてトレーニングしていきましょう!!

 

 

ありがとうございました〜。

 

 

 

ではでは・・・・また夕方アップします。

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。