全日本最速店長選手権 22位でした。 応援ありがとうございました!!

 

 

全国から脚自慢の45名が集結し、一番速い店長 「 最速店長 」 を決める、

サイクルスポーツさんの名物企画 「 全日本最速店長選手権2018 」 に参戦して来ました。

 

1・5kmの周回コースを、50周。

75kmで行われる本格的なロードレースです。

 

 

題名にもあります通り、リザルトは22位でしたが、

序盤からアタックをかけまくり、自分なりのレースができたと思います。

 

 

 

 

 

もうすでにリザルトは、サイスポさんのサイトにアップされていますが、

過去最速のアベレージスピードと、アタックの嵐で、32名の完走となりました。

 

 

 

会場まで応援に来ていただきましたお客様もいらっしゃいまして、

会場内には約100名ほどの観客。

 

平日のど真ん中ですが、あっという間に選手たちが回ってくるので

見ている方も本当に面白い!! ということでした。

 

 

お客様より画像をいただきましたので、アップしていきます。

 

* 備忘録は、お店に戻ってからゆっくりと書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

レースの日は、朝練32kmと、会場までの往復自走32km 、 レースで76kmほど走って、

140km以上走ることができました。

 

 

脚の調子も非常に上がってきているので、来週末の実業団レースや、その翌週の地元南魚沼の

実業団レースで、良いリザルトを出せるように頑張ります。

 

 

これから新潟へ向けて出発します〜。

 

 

お店は通常営業ですので、夜8時までご来店お待ちしております。

 

 

 

ではでは・・・・また夕方アップします。

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。