ビアンキ VIA NIRONE7 、 メルクス ブロックハウス。 & 今日のモーニングライド。 

今日は1回目のアップです。

 

遅くなってしまいまして申し訳ございませんでした。。。。

 

さて・・・ 今日のモーニングライドは ・・・

 

 

 

 

 

レース班は、越路〜小国〜大沢峠の湧き水でした。

 

 

 

 

 

冷たい水がジャバジャバ出ていますので、暑い日には湧き水ルートが最高ですね。

 

ちなみに、ボトルをポディウムアイスにすると、1時間くらいは冷たい水のまま飲めます。

 

夏場の必需品なので、最強保冷ボトルをぜひチェックして見てください。

 

 

 

 

 

ちなみに、お問い合わせの多い大沢峠の湧き水ですが、小国から十日町(大白倉)へ向かうところの

この看板が目印です。

 

ここを右に行くと、大沢です。

 

2kmくらい登ると、左側に湧き水があります。

 

 

 

 

 

レース班練は ・・・66km。

メリハリをつけて走ったので、良いトレーニングになりました。

 

 

 

 

 

 

続いてオハサイ。

 

土手 〜 海 (寺泊) 〜 わしま道の駅 〜 土手 〜 店 のルートで。

 

 

 

 

 

暑い。。。。

 

氷と、コーラをチャージ。

 

 

 

 

 

 

オッサンズで、ガンジージェラート。

 

うまし!!

 

 

 

 

 

 

8月のタイムトライアルに参戦するメンバーのDHポジションを見ながら ・・・

すげぇ速かったので、文句なしに良しw

 

 

 

 

 

 

途中でスマホをみたら、2時くらいから大雨っぽいので、12時ごろには帰ってきて終了。

 

この暑い中、76kmライド。

 

レース班から参加した方は、合計 142km。

お疲れ様でした!!!!

 

 

また明日も、6時30分からレース班、9時からのんびりオハサイやります。

よろしくお願い致します。

 

 

 

今日はお渡しさせていただきましたロードバイクを2台ご紹介していきます。

 

 

 


 

 

 

 

こちらは大人気のビアンキ 「 VIA NIRONE7 クラリス 」 ¥105000(税別) です。

 

 

 

 

 

チェレステカラーが差し色として入っている人気のマットブラックカラーです。

 

 

こちらのバイクは、フルセット シマノ製コンポで、ボトル・ボトルケージがついてきます。

 

 

 

 

 

コンポーネントは、シマノ クラリス。

 

アップグレードしていくのも楽しいと思いますので、

少しずつ楽しくなってきたら、アップグレードしていきましょう!!

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

エディメルクス 「 ブロックハウス67 ティアグラ仕様 」 ¥148000(税別) です。

 

軽量アルミフレームで、大人気のCAAD12とほぼ同じフレーム重量です。

 

 

 

 

 

カラーリングは、マットグレー。

 

BBは大口規格となっていまして、実業団レースでも使用している選手もいるくらい

レースで使えるアルミフレームです。

 

 

 

 

 

 

よく見ると、シートステーを扁平させていたりと通常のアルミフレームと違います。

 

 

 

 

 

 

コンポーネントは、シマノ ティアグラ。

 

 

アルテグラ・デュラエースをつけても、全く問題なしの軽量アルミフレームなので

少しずつ距離を乗れるようになってきたら、いろんなアップグレードを検討してみてください。

 

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 

 

ではでは・・・・また閉店間際にアップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。