レースの必需品 ゼッケンナンバーホルダー。 & 暑い日のライドにはミネラル系サプリを。

本日2回目の書き込みです。

 

 

お知らせを3点ほどアップしていきます。

 

 

まずは・・・・

 

◎7月16日(月祝)開催。

 

 

【 越後長岡チャレンジサイクリング2018 】

 

 

 

 

* 加瀬加奈子選手は参加できないことになりました。。。

 

 

去年は1200名以上の参加者の皆さまからエントリーをいただきました、

7月16日開催 長岡の山岳ロングライドイベント 「 越後長岡チャレンジサイクリング 」

 

 

エントリー締め切りまで、あと4日となりました!!!

 

 

エントリー締め切りは6月10日まで。 「 スポーツエントリー 」 にて。

2018年も皆様のご参加お待ちしております!!!

 

 

 

 

続きまして・・・・

今週末のモーニングライドは、以下の通りとなります。

 

レース班 ・・・・ 朝6時30分 お店集合 国上往復 途中合流可能

おはサイ ・・・・ 朝9時 お店集合 集まってから行き先を決めます

 

参加表明は必要ありません。 お気軽にご参加よろしくお願い致します。

 

 

 

 

最後に ・・・・

 

大好評の 【 お客様ご紹介キャンペーン 】 !!!!!

 

7月末まで開催中。 ご紹介していただいたお客様にもサービスあり!!

詳しくは 「 こちらから 」。

ご友人、会社の同僚さん、親戚・ご家族でもOK。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

お店からのお知らせは以上です。

 

 

今日は入荷して来ました商品をご紹介していきます。

 


 

 

 

 

 

 

まずは、脚攣りのお守り 「 2RUN 」 一袋 ¥150(税別) 、 一箱 ¥2250(税別) です。

 

不足しがちなミネラル系がたっぷりと入っているミネラルタブレット 「 2RUN 」。

 

暑い日のロングライド時は、まずは・・ 前日の夜に一袋 、 当日の朝に一袋 、

攣りそうになったら1袋 ・・・ という感じで摂取します。

 

夏のライド時は、たっぷりの汗をかくため体の中からミネラル系(ナトリウム・カリウム・マグネシウムなど)が

排出されます。 それが原因で脚攣りへ・・・となることが多いのですが、

これを取っていれば、夏の暑さもへっちゃらです。

 

 

 

 

たくさん食べる方へ。

大入袋 ¥3800(税別)です。

60粒入りで、単純計算 ・・・ 1袋(2粒入り)150円 × 30 なので、

¥4500(税別) となりますが、¥700分もお買い得な感じになっています。

 

賞味期限も長いので、たくさん摂取される方はぜひこちらをどうぞ。

 

 

 

 

 

 

ボトルの中身は、これで決まり。

 

電解質パウダー 1袋(10個入り) ¥700(税別) です。

ジェルや、高カロリードリンク 「 CCD 」 と一緒に入れてください。

 

この電解質パウダーだけだと、まずいので他のものと一緒に入れましょう。

 

夏場のロングライドはこれをボトルに〜。

 

 

 

 

 

 

 

ディープホイールの延長バルブ(上にかぶせるタイプ)が入荷してきました。

 

カーボンホイールの方で、あんまりバルブの先が出ていない方は、これをつけて

空気を入れてください。

 

 

 

 

 

 

最後は ・・・・ レースに参加される方の必需品。

 

ゼッケンナンバーホルダーです。

 

右は通常盤 、 左はエアロフレーム・エアロシートポスト用。

 

となっています。

 

この前の県選手権でも、持っていない方が多くいましたが

ナンバーホルダーは、しっかりとレースの旅に持ち歩きましょう。

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

ではでは・・・・また明日、アップします!!!!

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。