スコット アディクト10。 & サーモス保冷ボトル。 & お尻の痛みを軽減 GELサドルカバー。

おはようございます〜。

 

火曜・水曜と定休日にてお休みをいただきましてありがとうございましたm(__)m

 

今日からまた営業開始ということで、作業を進めていきたいと思います。

 

 

さて・・・

今週末は、弥彦にて 【 新潟県自転車競技選手権ロードレース 弥彦大会 】 が開催されます。

 

県のトップ選手を決めるレースとなりますが、県外からも多くの選手が参戦し、

チームフィンズからも、ビギナーの部、女子の部、登録の部と、多くの選手が出場します。

 

 

会場は、弥彦消防署の通りを完全通行止めにして開催されます。

 

 

スケジュールは以下の通りとなります。

 

ビギナーの部・女子の部 (混走) ・・・・ 10:15から。 3周回 21km。

 

男子競技者の部 ・・・ 12:00 〜 14:30。 15周回 105km。

 

 

となります。

 

皆様からの応援よろしくお願い致します!!!

 

 

 

今日は先週末お渡しをさせていただきましたロードバイクのご紹介と、

入荷してきました商品のご紹介です。

 

 

 

 


 

 

 

まずはこちら。

 

スポーツ自転車を乗り始めたのはいいけど・・・・ お尻が痛い!!!! という方、

多いと思います。

 

いろんな対策がありますが、一番お買い得なものがこちらのサドルカバーです。

 

ゲル入りのサドルカバーですので、路面からの衝撃・振動を軽減してくれます。

痛みは少しずつ慣れてきますので、慣れるまでカバーで我慢される方もいらっしゃいます。

 

痛みで自転車に乗れない方は、こちらをお試しくださいm(__)m

 

 

 

 

続きまして ・・・・

 

 

 

 

暑い日が少しずつ増えてきまして、保冷ボトルが大人気です。

 

こちらのサーモスの保冷ボトルは、ステンレス魔法瓶と同じ構造になっていまして、

真夏の暑さでも10度以下を6時間ほど持続してくれるスグレモノ。

 

 

外気温 25〜30℃ほどになると、通常のボトルだと、あっという間にお湯になってしまいますので

保冷ボトルを使いましょう。

 

サーモスの保冷ボトルは、ロードバイクの方はもちろんのこと、クロスバイクの方にも大人気です。

 

ぜひチェックしてみてください〜。

 

 

 

 

最後は、お渡しさせていただきましたロードバイクです。

 

 

 

 

 

スコット 「 アディクト10 」 ¥299000(税別) です。

 

2018年から新しくなったばかりのアディクト。

ロングライド向けになり、アップライトのポジションや、振動吸収性を高めながら

フレーム重量も900g台と軽量に仕上がっています。

 

 

 

 

 

シンプルなマットブラックカラーですが、高級感のあるフレームです。

 

 

 

 

コンポーネントは、シマノ 新型アルテグラをメインに搭載。

 

今年の狙い目のバイクは、 「 新型アルテグラ搭載 」 のバイクです。

新しくモデルチェンジしたばかりなので、この4年ほどは最新のコンポーネントで

乗ることができます。

 

 

 

 

 

後ろのギアは、11−32 というワイドギアがついていますので、登りも楽々。

ギアが足りないということはないでしょう。

 

 

のんびりゆっくりロングライドや、ツーリングを楽しみたい方には

最適なバイクです。 ぜひチェックしてみてください〜。

 

 

新しくモデルチェンジしたばかりのアディクトと一緒に

いろんな思い出を作っていきましょう!!

 

ありがとうございました〜。

 

 

 

ではでは・・・・また夕方アップします。

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。