ジャイアント 「ANYROAD 3」 & ファブリック シャロープロ カーボンレール仕様。

おはようございます〜!!

 

朝は少し寒かったですが、お昼頃から一気に気温が上がってくるようですね〜 (^o^)

 

木曜日から雨の予報になっていますので、明日の朝は早めに起きて

週末のイベント参加の方は、しっかりと機材チェックをしておきましょう。

 

週末の天気があまりよくないところが気になりますが、

イベント前の準備はバッチリしていきましょうね〜。

 

 

また各種イベントに準備をするものなどを、後ほどピックアップさせていただきますので

ご確認よろしくお願いいたします。

 

 

さて・・・

今日はお渡しをさせていただきましたジャイアントのツーリングバイクと、

お子様の街乗りマウンテンバイク、そして大人気のファブリックのサドルをご紹介していきます。

 

 

 


 

【 ジャイアント ANYROAD ・ SNAP 】

 

 

 

 

 

ジャイアント 「 ANYROAD 3 」 ¥95000(税別)です。

 

誰でも・どこでも走れるツーリングバイク。

ロードバイクのようなピチッとした格好が必要ないバイクですね。

 

 

 

 

カラーリングは、ブラウン系の落ち着いた感じですが、

マットカラーで非常にかっこいいです!!

 

 

 

 

 

メインコンポーネントは、シマノ クラリス。

フロントギアは3枚なので、どんなところでも走れることでしょう。

 

 

 

 

 

タイヤもロードバイクより太めですので、クロスバイクで街乗りをしている方と

同じような感覚で乗れるバイクという感じですね。

 

 

自転車通勤から、街乗り、週末のロングライド・サイクリングと、

いろんなことを一台でやりたい方は、こんなバイクがおすすめです。

 

 

少しずつ距離を伸ばしながら、身体を鍛えていってくださいね〜( ^ω^ )

ありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

 

中学1年のお子様へ、自転車通学用・街乗り用としてご購入いただきました。

 

ジャイアント 「 SNAP 」 ¥47000(税別) です。

 

 

 

 

シンプルなアルミバイクですが、小さいサイズも作っていまして、

一番小さいサイズは身長135cmくらいから乗ることができます。

 

 

 

 

26インチのスリックタイヤ装着。

 

本格的なMTBと比べてみると、街乗りに寄せているSNAPですが、

少し荒れたフィールドも一緒に走らせたいという親御さんがいらっしゃいましたら

ぜひチェックしてみてください〜。

 

ありがとうございました!!!!

 

 

お子様と一緒に参加される方が多くなってきました、

「 越後長岡チャレンジサイクリング2018 」。

 

 

☆ 新潟・長岡のロングライドイベント 【 越後長岡チャレンジサイクリング2018 】

 

7月16日(月・祝)開催決定 !!

 

今年のエントリー締め切りは、6月10日まで。

「 スポーツエントリー 」 にて。  2018年も皆様のご参加お待ちしております!!!

 

 

 


 

【 大人気サドル ファブリック シャロープロ入荷。 】

 

 

 

 

ファブリックのサポートライダー達が使っている 「 プロ用サドル 」 が

こちらの 「 シャロープロ 」 ¥19000(税別) です。

 

 

非常に柔らかく、このサドルにしてから 「 お尻の痛みが消えた!! 」 という方が

多数いらっしゃいます。

 

シャロープロは、軽量なカーボンレール仕様。

クロモリレール仕様は、¥8500(税別)から販売しています。

 

 

ファブリックは、お尻の痛みが消えるサドルとしておすすめです。

ロングライドの時に痛みがある方は、ぜひチェックしてみてください〜( ^ω^ )

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

ではでは・・・・また夕方アップします。

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。