2017モデル エディ・メルクス新車発表会 速報アップ!! & 23日チャレサイ飲み会参加者募集中☆

本日2回目の書き込みです。

 

まずは・・・

 

「 長岡MTBフェス & チャレサイ2016 大・大・大 打ち上げ 飲み会 」 \(^o^)/

 

今現在、参加者を大募集しております!!!!

 

開催日は、7月23日(土) 18:30~

会場は、「 壱勢 長岡店 」 5階。

参加人数は、80~100名を予定。 ( 今現在、40名ちょっと )

 

長岡MTBフェス & チャレンジサイクリングに、参加された方、ボランティアでご協力をいただいた方

ぜひぜひ一緒に飲みましょう!!!!

 

参加の方は、 「 今週末、10日(日) までに 」 STAFFまでにお声がけください m(_ _)m

( 来週、月曜から木曜まで出張のため、締め切りを少し早めにしました。。。 )

エントリーはお早めに!!!!

 

詳細等はスタッフまでお聞きください~☆

よろしくお願い致します!!!

 

 


「 2017モデル エディ・メルクス 新車発表会 速報!! 」

 

 

ライトウェイの展示会が浅草でしたので、そこから移動し・・・

 

ベルギー大使館のある 「 麹町 」 という駅へ。

 

着いてから・・・早々に ・・・

 

IMG_8262

 

ベルギービール 「 PALM(パーム) 」 をいただきました。

 

このPALM社は、エディ・メルクスの経営に参画。

ここ数年は息を潜めた状態となっていましたエディ・メルクスでしたが、

PALM社の協力により、2016年モデルより5つの新型ロードモデルを発表し復活を遂げています。

 

 

2016年モデルと比較し、2017年モデルは、より多くのモデルがラインナップに仲間入り。

 

ベルギーのプロコンチネンタルチーム 「 トップスポートフラーンデレン・バロワーズ 」に

トップモデル 「 EM525 」 を供給していて、春のクラシックでは選手たちが活躍していました。

 

 

2017年 「 エディ・メルクス 」 のラインナップをご紹介していきます。

( たくさんあるので、画像メインで。 )

 

 

IMG_8263 IMG_8264 IMG_8265 IMG_8266

 

 

「 ブロックハウス 67 」 シマノティアグラ仕様 ¥148000(税別)。

カラー : ブラックシルバーグリーン 、 アンスラサイトシルバーレッド 。

 

 

IMG_8267 IMG_8268 IMG_8269

 

 

「 サランシュ 64 」 ¥236000(税別) カーボンフレーム + シマノ105 。

カラー : ブラックアンスラサイトレッド 、 ブラックアンスラサイトグリーン 。

 

 

IMG_8273 IMG_8275

 

「 リエージュ75 フレームセット 」 ¥270000(税別)。

カラー : モルテニ

 

 

 

IMG_8272 IMG_8274

 

 

「 ルーベ70 フレームセット 」 ¥270000(税別)。

カラー : ファエマ。

 

 

IMG_8270 IMG_8271

 

女性用ロードバイク

「 モントリオール74 」 ¥148000(税別)

 

 

IMG_8276 IMG_8277

 

シクロクロスモデル 「 エークロ70 」 。

カーボンフレーム。

 

 

IMG_8280 IMG_8279

 

「 エークロ アルミモデル シマノティアグラ仕様 」 ¥160000(税別)。

 

 

この他にもありますが、展示していないモデルもありました。

店頭にてカタログをお見せできますので、是非チェックしてみてください!!! \(^o^)/

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

ではでは・・・・また明日!!!

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。