今週末は修理・メンテナンスはそのままお持ちください〜。 & お渡しのバイクと入荷商品ご紹介です。

本日2回目の書き込みです。

 

 

まずはお知らせを数点ほど。

 

 

今週末のモーニングライドは、午前中のアップをご覧になってくださいm(_ _)m

↓ ↓

「 こちら 」

 

レース班練は、「 お試しレース班練 」(東山周回練)なので初参加の方も気軽にご参加ください。

 

オハサイは、土曜日のみとなっています。

詳細は上のリンクをチェックしてみてください。宜しくお願い致します。

 

 

 

今週末は、修理・メンテナンスのお客様はそのままお持ちいただいても結構です。

お預かりすることができますので、ゴールデンウィークに乗られる方は

ぜひ今週末にバイクをお持ち込みください。

 

 

ゴールデンウィークの営業時間はまた後日アップさせていただきますが

メーカーによっては10日ほどお取り寄せができない場合もございますので、

お早めのご注文を宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

 

* シマノ製品が5月1日から値上げとなります。ビンディングペダルに交換を検討している方は

値上げ前のご購入をお勧めします。(後で取り付けも可能です。)

その他、いろんなシマノ商品が値上げとなりますので、今後使用するものがありましたら、

この週末にでもご注文ください。

 

 

 


 

【 お渡しのバイクと入荷商品ご紹介です!! 】

 

 

 

 

まずは入荷してきましたカタログから。

KUOTA 、 アルゴン18 、 スラム 、 ZIPP 、 METなど・・・

取り扱いをしています 「 インターマックス 」 の2018年カタログが入荷してきました。

 

 

 

 

ご購入を検討しているお客様にはお渡しさせていただきますので

スタッフまで宜しくお願い致します。

 

 

 

続きまして ・・・・

 

 

 

 

 

スペシャライズドから新しい保冷ボトルのご紹介です。

 

「 PURIST インサレーテッド クロマテック ボトル 」 ¥1800(税別) です。

 

通常の保冷ボトルと比べて、2倍の保冷力を持つ新しい保冷ボトル。

今週末からの暑い日のライドには欠かせないアイテムとなります。

 

保冷ボトルをお持ちでない方は、ぜひチェックしてみてください〜。

 

 

 

 

 

 

こちらのトレックのロードバイクは、和歌山からこられたお客様で

今回ワイヤー・バーテープを交換させていただきました!!

 

 

 

 

 

ワイヤーを新しくするだけで、新車同様のタッチになります。

シーズンインの方は、ぜひワイヤー・バーテープを心機一転、新しいものに交換して

気合が入るようにバイクをメンテナンスしましょう!!!

 

 

ありがとうございました〜(*^_^*)

 

 

 

最後は ・・・・

 

 

 

 

お渡しの新車です。

 

スペシャライズド 「 アレー スポーツ 」 ¥100000(税別) です。

 

2018年、新しいフレームになりかなり軽量になったアルミエントリーロードです。

 

 

 

 

 

高級感のあるマット塗装。

 

あらゆる世代で、人気があるカラーリングです。

他のカラーで、ホワイトがご用意できます。

 

 

 

 

 

メインコンポーネントは、シマノSORA。

 

初めてのロードバイクとして一押しですので、ぜひ店頭にて新しくなったばかりの

軽量アルミフレーム 「 アレースポーツ 」 をチェックしてみてください。

 

 

少しずつ距離を伸ばしながら、のんびりサイクリングを楽しんでください〜。

 

ありがとうございました!!!

 

 

 

ではでは・・・・また明日、アップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。