ハンドルを交換すればロードに!? おすすめフラットバーロード。 & お子様用ロードバイク。

おはようございます〜。

 

 

お店の近くにあります 「 今宮公園 」 では、毎年綺麗な桜が咲いていまして

今年もあと少しで咲きそうな感じです。

 

 

 

 

 

今週末はなかなか天気が悪そうな感じですが、お花見ライドができるかどうか・・・。

 

少しずつ天気が回復傾向にもあるようなので、期待しながら待ちましょう!!

 

*  お店で企画します 「 お花見ツーリング 」 は、今週末開催です。

雨が降る可能性もありますので、のんびり走ってサクッと切り上げましょう。

 

 

 

さて、本日はお問い合わせの多くなっております 「 お子様用ロードバイク 」 と

「 ハンドルを交換すればロードバイクになるフラットバーロード 」 をご紹介していきます。

 

 

 


 

まずは・・・ フラットバーロードから。

 

 

クロスバイクがいいのか ・・・・ ロードバイクがいいのか ・・・・

走ってみなければわからない ・・・・ と悩んでいる方も多いとおもいます。

 

 

街乗りだけだったら、クロスバイクでいいけど ・・・・

面白くなってきて遠出しそうな気がする ・・・ それであればロードのほうがいい??

 

 

そのような悩みをお持ちの方は 「 フラットバーロード 」 をオススメします。

 

 

 

 

フラットバーロードとは ・・・ フレーム・コンポーネント(変速機など)が

ロード用のパーツで組まれながらも、ハンドルがまっすぐな街乗りバイクのことを言います。

 

 

それなので、後々 ハンドルと、レバーを交換すればロードバイクに早変わりするという

迷われている方への救世主バイクが、このフラットバーロードなのです・・・笑

 

 

画像のモデルは、イタリアンメーカー 「 コルナゴ 」 の人気フラットバーロード、

「 VORREI クラリス 」 ¥99000(税別) です。

 

 

メインコンポーネントが、シマノ クラリスなので、ロードバイクのパーツで構成されています。

 

 

 

続いて ・・・

 

 

 

 

こちらもイタリアンメーカー 「 ウィリエール 」のフラットバーロード。

 

「 アゾロ フラットバー 」 ¥89000(税別)。

 

こちらもメインコンポーネントは、シマノ クラリスです。

 

街乗りから始めて、いずれは・・・ロードバイクへ。

そんな感じで乗りたい方は、ぜひフラットバーロードをチェックしてみてください〜(^O^)

 

 

 


 

【 お子様用ロードバイク ご紹介!! 】

 

 

弱虫ペダルブームが来ている自転車家族が多くいらっしゃるようで

お子様のロードバイクを検討している方も増えています。

 

 

当店でオススメさせていただいておりますロードバイクをご紹介。

まだ2018年モデルとして入荷してきていないモデルもありますので

入荷次第アップしていきます。

 

 

 

 

 

まずは、一番人気のジャイアント 「 TCR エスポア 」 ¥70000(税別) です。

 

とにかく、お買い得な価格と、初ロードバイクとしては申し分ないパーツがついているので

人気の理由がわかります。

 

ぜひゴールデンウィークあたりにでも

ご一緒にツーリングに出かけてみてはいかがでしょう??

 

欠品も多いお子様ロードなので、お早めのご検討宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

 

続きまして ・・・ こちらも大人気のスコット。

カラーリングがかっこよすぎ!!

 

こちらは、シマノ クラリスと、SORAのミックスコンポーネント。

 

お父さんがスコットに乗っているお子様には圧倒的な人気です・・・笑

 

こちらも台数が少ないようなので、お早めにチェックしてみてください。

 

 

 

ではでは・・・・また夕方アップします!!!!

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。