2016 スポニチ佐渡ロングライド

今年もお客様と佐渡ロングライドに参加してきました。

今年はお天気にも恵まれ、また風も弱く、楽しく走ることが出来ました。

 

14日(土)お店に集まった方と、佐渡汽船のフェリー乗り場に直行された方と一緒に佐渡へ向かいました。

新潟を出る時は曇り空で気温も低く、風も強かったのですが佐渡に近づくとスカッとした青空が広がってきました。
IMG_2669-2 IMG_2672-2

せっかくなので受け付けの前に「トキふれあいプラザ」に行ってトキの資料館を見学しました。

今までの経緯やトキの繁殖を見ると大変だったことが伺われます。

IMG_2674-2 IMG_2677-2

受け付け会場に向かう前にお昼ごはんを食べにお寿司屋さんへ向かいました。

予定していた所は20人くらい外に並んでいましたので別の回る方へ・・・🙂

佐渡に来たらやっぱりおいしいお寿司を食べたくなりますね。

IMG_2731-2 IMG_2680-2

受付を済ませた後チェックで走りに出かける方や開会式に向かう方、皆さんそれぞれ自由に過ごしていました。

抽選会で今年はルームランナーが当たったお客さまもいらっしゃいました。

全員揃ったところで夕食の始まりです。

ここのホテルは朝食も2時半から和洋食のバイキングなので、朝から暖かい食事がたっぷり食べられます。

IMG_2685-2 IMG_2688-2

このあとも料理が次々と運ばれてきます。   近くにいらしたお客様とスタート前の記念写真。

大会当日、早めに移動して集合場所に行くと私たちのスタートするA1の移動がすでに始まっていました。

急いで追いかけましたが人数もそれほど多くないのでいつものスタート位置でした。

IMG_2693-2 IMG_2696-2

5時30分から次々とスタート、いよいよロングライドの始まりです。

アップダウンをこなしながら第1、第2エイドは素通りしましたが入崎のスイーツエイドをすっかり忘れていました。来年は寄りましょう。

IMG_2699-2 IMG_2702-2

IMG_2700-2

IMG_2703-2

IMG_2708-2 IMG_2727-2

「はじき野エイド」まで来て休憩です。昨年までと違ってエイドの食べ物がグレードアップしていました・・・😀

特にパンとジャムが美味しかったですね~!この画像は素浜ですが・・・。

9時頃両津の弁当ステーションに到着。遅れたお客様もすぐに追い付いてきました。

ここにも新しくなったお弁当やプリン、ブッセ、イチゴなどたくさん用意してありました。

IMG_2712-2 IMG_2717-2

IMG_2721-2 IMG_2716-2

ここではゆっくり休憩して今度は小佐渡に向かいます。

水津を過ぎると弱い追い風になってきました。

ただこの辺りで皆さんに付いて行くのが精いっぱい、先頭交代しないで後ろにずっと付かせてもらいました。

無理はしないつもりだったのですがやっぱりダメでした・・・😟

何とか小木のエイドまで連れてきてもらいましたがその先からは付いて行けません。

IMG_2724-2 IMG_2730-2

鼓動の坂が一番辛かった。もうフラフラ!素浜エイドでまた合流して一緒に走り出しましたがほとんど一人旅。

後ろから追い付いてきたお客さん2人で何とか他の集団に混ぜてもらいようやく佐和田に近づきました。

最後の橋のところで皆が待っていてくれて少し遅れたお客さんも合流、揃ってゴールしました。

天気も良くて最高のコンディションの中、皆で楽しく走りました。

 

来年もまた行くよ~🙂

この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

この記事を書いた人

遠藤 剛サイクルワークス Fin's社長
1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。

遠藤 剛

1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。