女性のお客様へ向けた自転車の組み立て方。 & 修理・アップグレードのバイクをご紹介します。

本日は定休日にてお休みをいただいておりましたが、

週末に向けて、お渡しのバイクの組み立てを午前中やっておりました(*^_^*)

 

 

ガソリン価格の高騰により、自転車通勤をされるということで

クロスバイクのご注文が多くなっております。

 

 

今日は女性のお客様からご注文をいただきましたクロスバイクの組み立てでした。

 

 

 

 

 

 

当店の自転車の組み立て方は 「 そのお客様に合わせて組みあげる 」 というやり方を

考えております。

 

 

こちらの女性のお客様のバイクは、手が小さいことを考慮して

ブレーキレバーを手前に移動しました。

 

 

 

 

 

 

この画像と、上の画像を比べてみると、こちらの画像の方がブレーキレバーとグリップの感覚が

小さくなっていることに気づきましたか??

 

 

指が届きやすいようにしています。

 

その他、ブレーキレバーを引く力も弱いため、引きしろ調整のバネを若干緩めにしています。

 

 

乗り手のことを考えた組み立て方や、提案の仕方は非常に重要です。

 

 

たくさん乗って、よく洗車をする常連のレーサーのお客様には

オーバーホール時にたっぷりとベアリング部にグリスを注入します。

 

お子様のバイクも、女性のお客様同様に操作しやすいような設定で組み立てしています。

 

そして、アップグレードを考えているお客様には、「 どの部分に予算をかけたら、より変化するのか 」

ということを考えて提案もさせていただいております。

 

 

これからアップグレードや、新車のご購入を考えているお客様は

ご来店を頂いて、スタッフと一緒に考えながらバイクやパーツをチョイスしていきましょう。

 

初めてのお客様もお気軽にご来店宜しくお願い致します!!

 

 

 


 

【 修理・アップグレードのバイクをご紹介。 】

 

 

お問い合わせを多くいただいておりますが、修理・アップグレードのバイクは

今現在そのままお持ちいただいても結構です。

お電話やメール等でのご連絡も必要ありません。

 

3月下旬から4月に入ってくると、新車の組み立てが多くなってきますので

できる限りお早めの修理・アップグレードをご検討宜しくお願い致します。

 

 

初めてのメンテナンスの方もお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

こちらのトレックのバイクは、ワイヤー交換とブレーキシュー交換をさせていただきました。

 

シーズンイン前に、整備してあげればシーズン通してばっちり乗れます(*^_^*)

 

お早めのメンテナンス、ありがとうございました!!

今シーズンも楽しんで乗ってくださいm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

こちらのアルゴン18のロードは、ホイールをアップグレードさせていただきました。

 

チョイスしていただいたのは、フルクラム 「 レーシングゼロ 」。

 

カンパ・フルクラムのホイールは非常に回転性能もよく、

メンテナンスをしっかりやってあげれば、どのホイールより良く回ります。

 

 

シーズンインと共に、ホイールの性能をご体感ください(^O^)

遠方よりご来店ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

最後に・・・こちらのコルナゴのロードバイクは、色々と交換させていただきました。

 

 

 

まずは・・・・

 

 

 

 

軽量ステムへの交換、ワイヤー・バーテープの交換。

 

ワイヤーは、少しグレードを上げてPTFEコーティングワイヤーを使用しています。

 

バーテープはロングライド派の方に大人気の、ボントレガーのゲルコルクバーテープ。

カラーが豊富で大人気です。

 

 

 

 

 

 

そして、このアップグレードがおすすめ。

 

新型アルテグラのブレーキへアップグレード。

 

最高に効きます。

下りでも安心して下れると思います。

 

 

 

 

 

 

最後は、こちらも大人気のウィッシュボーンのセラミックBB、

そしてセラミックプーリーへのアップグレード。

 

これで登りでギアが1・2枚軽く感じると思います。

 

非常に素晴らしいアップグレードで乗るのが楽しくなると思います!!!

 

2018シーズンもたくさん乗ってくださいね( ´ ▽ ` )ノ

ありがとうございました!!

 

 

 

ではでは・・・・また明日アップします。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。