日中でもライト点滅を。デイライト運動推奨 (^o^) & 意外と減っているブラケットフード ・ シュー。

 

本日2回目の書き込みです。

 

明日のモーニングライドは、おはサイのみとさせていただきまして、

朝9時お店に集合です。

 

紅葉グルメツーリングに行こうと思います〜(^o^)

山岳方面ぐるっと行きますので、よろしくお願い致します!!

 

グルメは少しこだわりの山古志のお店に行きます。

お金持ってきてくださいね〜m(_ _)m

 

 

さて・・・ 今日は人気のライトのご紹介と、オーバーホール作業で気づいた点を書いていきます。

チェックしてみてください。

 

 


 

【 日中のライドでもライト点滅を。 デイライト運動推奨します。 】

 

 

朝のトレーニングや、日中のロングライド時に、ライトをつけている方が多くなっています。

 

当店のおはサイだと ・・・ 9割のお客様がライトを点滅させて走るようになりました(*^^*)

 

朝の暗い時間や、夜のライド時にはライトの点灯・点滅は必要なことではありますが、

日中のライド時にライトを点滅させることで、車からの視認性を高め、

事故の防止につながることが実証されています。

 

 

今日は雨で乗れませんが、明日乗られる方はデイライト運動を始めてみましょう(^o^)

 

 

オススメのライトをご紹介していきます。

 

まずは ・・・ 私も使用していますオススメのフロントライトが再入荷してきました。

 

 

 

 

激押しのフロントライト。

 

ボントレガー 「 ION 350R 」 ¥7315(税別) です。

 

充電はUSB充電で、エコで経済的。

3年間ほどは電池交換必要ありません!!

 

この価格帯ではかなり明るいライトで、ランダム点滅が通常のライトと違うところが

おすすめのポイントです。

 

ぜひ一度つけてみてください(*^^*)

明るいライトで悩んでいる方は、これで決まりです。

 

 

 

続きまして・・・

 

ロードバイクにオススメの、スマートなライトセット。

 

 

 

ここ最近、大人気のライトがこちら。

 

スペシャライズド 「 STIX 」。

フロント ¥3500(税別) 、 リア ¥3500(税別)で、

前後セットだと ¥6500(税別)と少しお買い得です。

 

 

 

 

取付簡単、ゴムバンドで止めるだけです。

 

 

 

 

おすすめのポイントは、点滅時(フラッシュ)の時間の長さ。

明るい点滅でも、13時間ほど持続してくれます。

 

 

前後でスマートなライトを探している方は、これがオススメ。

ぜひチェックしてみてください〜(*^^*)

 

 

ライトのご紹介は以上です。

 

 

 


 

【 意外と減っているブラケットフード ・ ブレーキシュー。 】

 

 

オーバーホールの作業を今週から開始しておりまして、

題名にもあります 2つのパーツの減りがいつもの年より多い感じがします。

 

ブラケットフードは、なかなか交換することもないと思いますが、

ワイヤー交換・バーテープ交換の際に、新しくすることでグリップ感も良くなり

ベチャベチャすることもありません。

 

シマノ純正のブラケットフードに関しては、そこまでの価格でありませんので

オーバーホールの際に交換しておきましょう。

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

ワイヤー交換するなら、ブレーキシューも。

 

半分くらい減っていれば、できれば交換したいところです。

 

ブレーキシューが減ってくるとブレーキタッチも悪くなります。

 

できれば新しいシーズンに向けて、シューも交換しておきましょう。

 

 

 

オーバーホールの作業時に、フィッティングを検討されている方が多くなってきました。

ポジションに疑問がある方、乗っていて違和感を感じる方、

ぜひ一度フィッティングをしてみましょう。

 

 

ここ最近、フィッティングをされた方は 「 びっくりするくらい変わった!! 」 と

度々メッセージをいただきます(*^^*)

 

50kmくらいでバテていたところが、100km以上走っても

全然余裕があるということです。

 

 

オーバーホールと一緒にフィッティングをされる方は、お買い得な価格で

やらせていただきますので、ぜひご検討のほどよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

 

 

ではでは・・・また明日アップします。

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。