超重要!! ロードバイクの洗車教えます〜\(^o^)/ 簡単なのでやってみてください☆

先週末の練習会で、「 塩カル 」 がたくさんある場所を走りました。

 

このまま放置していると、塗装が剥がれてきたり、各パーツが錆びてしまったりしてしまいますので

練習後、洗車をしました。

 

 

この 「 自転車の洗車 」 は非常に簡単なので、塩カルがたくさんある場所を走った方は

ぜひ実践してみてください〜(*^^*)

 

 

※ とりあえず、しばらく洗車ができない方は、濡れぞうきんなどで全体をしっかりと拭いておいてください。

 

 

ではやり方をアップしていきます。

まず準備するものは ・・・・

 

 

IMG_4404

 

 

ワコーズのフィルタークリーナーと、中性洗剤、古いスポンジ、柔らかいブラシ(タイヤ用・歯ブラシなど)、

そして、フィルタークリーナーを入れる容器です。

 

 

IMG_4405

 

 

バイク全体に水を掛けます。

そして・・・

 

 

IMG_4406

 

 

フィルタークリーナーを少量、容器に入れます。

このブルーの液体を・・・

 

 

IMG_4407

IMG_4408

 

 

ドライブトレイン(チェーン周り・前後の変速機・プーリー・カセット・クランクのチェーンリング)に

少しずつつけて、ブラッシングしていきます。

 

 

すると ・・・・

 

 

IMG_4409

IMG_4410

IMG_4411

 

 

 

油汚れが乳化してきて、落ちてきます。

 

その後 ・・・

 

 

IMG_4412

 

 

少しの水に中性洗剤を入れて、バイク全体をブラッシングしていきます。

 

 

IMG_4413

 

 

特に塩カルが付着しやすいホイール・タイヤ・フレームの下部などを

しっかりとブラッシングしてください。

 

 

そして・・・ 全体的に水をかけて落とします。

 

 

IMG_4414

 

 

全体的にビチャビチャになっていると思いますので、乾いているタオルで拭いていきます。

 

 

IMG_4415

IMG_4417

IMG_4416

 

 

チェーン周りも非常にきれいな状態になりました。

 

ただし・・・チェーンのリンク内部に水が侵入していますので、

水洗いをした後のチェーンオイルは 「 水置換性 」 のものをチョイスしてください。

 

 

当店でオススメさせていただいているチェーンオイルは・・・

 

 

IMG_4418

 

 

チェーンルブです。

これをかければバッチリOKです。

 

 

 

その後は・・・

 

 

IMG_4398

 

 

 

フレーム全体を保護・ワックスをかけてあげましょう。

 

保護・ワックスをかけてあげることで、塩害からもフレームの塗装を防ぐことができます。

定期的に保護・ワックスをしてあげることをオススメします。

 

 

これを全部やると ・・・ 時間的には20〜30分ほど。

今の時期は週に1回ペースでやることをオススメします。

 

 

ロングライドの後には、しっかりとバイクケアを〜。

 

 

自転車の洗車は以上です。

ぜひ実践してみてください〜m(_ _)m

 

 

ではでは・・・・またアップします!!!!

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。