簡易ドロヨケ 「ASS SAVER」 & コンプレッションカーフ、おすすめです(^o^)

おはようございます!!!

 

天気が晴れたり、降ったりと・・・ 怪しい感じですね。。。

 

先週末より、室内でもトレーニングできる 「 ローラー台 」 を

購入される方も増えてきています。

 

冬場の必需品として、この新潟県では欠かすことのできないアイテムとなっておりますので

ぜひご相談しましょう〜(^o^)

 

 

よろしくお願いします〜!!

 

 

さて、今日はまず ・・・ 「 どこでもボトルケージが取り付け出来る商品 」 からご紹介していきます。

 

 

img_1321

 

 

エリート 「 VIP ボトルケージクリップ 」 ¥1100(税別) です。

 

これがあれば、ボトルケージの穴のない 折りたたみ自転車や、ママチャリに取付可能です。

 

10月には、ママチャリ耐久レースが開催されるということもあって、

お客様からのお問い合わせもいただいております。

 

 

ぜひチェックしてみてください〜(^o^)

 

 

 

続きまして・・・ 「 簡単ドロヨケ 」 のご紹介。

 

 

img_1318

img_1319

img_1320

 

 

サドルレールに差し込むだけの簡単どろよけ 「 ASS SAVER 」 ¥1200(税別)〜。

 

サイズも、ノーマルサイズ、ビッグサイズ、MTB用など・・・ご用意しております。

今の時期、路面が濡れていることも多いので、これがあると非常に便利です。

 

 

ロードバイクだけではなく、マウンテンバイクもおすすめです。

ぜひチェックしてみてください〜(^o^)

 

 

 

 

最後に・・・ 「 コンプレッション カーフ 」。

 

 

img_1322

img_1323

img_1324

 

 

色んなメーカーのものが発売されております。

 

コンプレッションカーフを使うとどんなことが起きるのか・・・?

 

・ 自転車に乗っているときには、余計な筋肉のブレを軽減してくれる。

・ 乗っていないときにつけると、血流が良くなり、回復力が増す。

 

という2点です。

 

ふくらはぎは第2の心臓とも言われ、コンプレッションカーフを使用することよって、

心臓へ戻る血液を効率良く押し上げてくれます。

 

 

ちなみに・・・先日、大雨の中 開催されました 「 SDA王滝 」 では、

私はコンプレッションカーフを使用していました。

( 路面からの衝撃を筋肉で支えていますが、そのブレを軽減するため。 )

 

 

 

%e7%8e%8b%e6%bb%9d%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab

 

 

寒さ対策にもなりますし、下りの時にふくらはぎへのダメージを軽減してくれます。

レース後はリカバリーにも使えますし、一石二鳥。

 

 

ぜひ疲れが溜まっているなぁ・・・ と感じている方は、リカバリーとして

コンプレッションカーフを使用してみてください。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

ではでは・・・また夕方にアップさせていただきます!!!

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。