信越五高原ロングライド

信越五高原ロングライドに参加してきました。

台風の影響で午後から雨の予報も出ていましたが、動きが遅かったため、朝から風が強かっただけで雨の心配はありませんでした。

長野と新潟の5つの高原(斑尾、妙高、黒姫、戸隠、飯綱)を走るというこのイベント、120kmの距離で2700m近くの獲得標高があり、かなりハードなロングライドです。

斑尾と池の平を同時スタートして同じコースを走るので、今年は斑尾をスタート地点にしました。

他のお客様達で、前夜祭の開催された池の平を選ばれた方もいらっしゃいました。

7時にゼッケン順にスタートしましたがいつもの時期と違って、暑さと台風の風が強く吹いています。

関温泉に上る急登や鬼の洗濯板を上って池の平エイドに到着しました。

DCIM0454_R  IMG_3325

「鬼の洗濯板」 この画像は以前のもの、今日は自転車を降りる勇気がありませんでした・・・🙂

IMG_3330  IMG_3332

ここで少しゆっくりして、次の黒姫から戸隠に向かいます。ここの上りもかなり大変・・・😱

戸隠は車や参拝客も多く、おまけに路面状況も悪いため、かなり気を使っての走行でした。

IMG_3333  IMG_3338

飯綱高原を上り、毎年楽しみにしているサンクゼールのエイドに着きました。

ここのパンがとても美味しいんです・・・🙂

あまりゆっくりと休憩していると足が回らなくなってしまうので、皆さんより遅い私は少し早めにスタートしました。

最後の斑尾高原に向かう上りはこれでもかという感じで続いていて、降りたくなるほどでした。

朝7時にスタートして午後の1時半過ぎにようやくゴールしました      。

いやはや、大変なコースでしたね、と言いつつこれで6年連続。

来年もまた参加するんだろうな・・・🙂

IMG_3345

今日は新潟ヒルクライム、佐渡トライアスロンとイベントが重なりました。

参加された皆さん、大変お疲れ様でした!

 

 

 

この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

この記事を書いた人

遠藤 剛サイクルワークス Fin's社長
1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。

遠藤 剛

1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。