急募!! ツール・ド・おきなわ2019 ツアー参加希望の方へ。 & 雨でも強いロードタイヤ。

おはようございます〜。

 

朝練中に、ゲリラ豪雨を受けてしまったSTAFF KNTです。。。。

 

明日からツールド展示会最終ステージ(ビアンキ・トレックなど)に参戦するため、

今日は乗っておきたかったのですが・・・・降られちゃいました。。。

 

 

 

 

 

 

長岡市内は、8月1〜3日までの 「 長岡まつり 」 のため、お祭りウィークに突入しています。

 

土手沿いの観覧席から少し抜けたところには、キレイなひまわり畑がありまして、

先週末もインスタ映えを求める皆様でごった返していたとか・・・。

 

 

 

 

 

少しだけですが、ひまわりロード? がありまして、晴れていたら黄色いひまわりが

ぱ〜〜〜っと上を見上げている写真が撮れると思います。

 

 

長生橋の大島方面側です。

 

 

自転車乗りの皆様、ぜひこのツールドフランスが終わった瞬間に、もう一度ツールの気分を味わいましょう。

 

 

 

さて・・・・ そんなツールのお話。

こっちは 「 ツール・ド・おきなわ 」 のお話です。

 

 

 

* 参加を考えているお客様は、早めにホテルなどの確保が必要ですので、

  本日18時までにツアー参加表明をお願い致します。

( 参加種目によってはスタート地点が違いますので、ホテルが別になることもございます。 )

 

 

 

 

 

 

【 ツール・ド・おきなわ 2019 】

 

 

11月9・10日(土日) 開催。

サイクリングの部 ・・・ 9日(土)

ロードレースの部 ・・・ 10日(日)

 

ツアーは、11月8日(金) 〜 11月11日(月) の4日間。

レースの部だけに参加の方は、9日(土)入りの11日(月)帰りでも大丈夫です。

 

 

今年は、初参加の方も多く、シーズンオフ前のイベントとして一番盛り上がると思いますので

皆様のご参加をお待ちしておりますm(__)m

 

 

* エントリーに関しては各自でお願い致します。 レースの部はあっという間にエントリー締め切りと

なりますので、8月1日 12:00〜 のエントリーでお早めのエントリーをお願い致します。

ホテルに関しても良いところは、すぐに埋まってしまいますので今日の18時までにご連絡をお願いします。

 

 

 

シーズンオフの前に、暖かい沖縄を頑張って走って、みんなで美味しいオリオンビールと、

沖縄料理を堪能しましょう!!!

 

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

 


 

 

ここ数年で、ロードタイヤに関しまして色んなメーカーのものをテストしてきたり、

レース会場でのショップスタッフの方からインプレッションを聞いたりしてきましたが、

ロードタイヤに関して 【 2019 】 が激変している年だと感じています。

 

 

今現在、レース現場ではディスクロードの台頭と共に、ロードタイヤのグリップ力や

雨天時の走行性能、衝撃吸収、耐久性などがテストされてきまして、

2019年は新しくモデルチェンジをしてきているメーカーも多くなってきました。

 

 

以前からディスクロードが出てきたばかりの時に ・・・・

 

【 ディスクロード専用 】 としてのタイヤがなぜ開発されないのか??

 

というお話を2年前ほどからさせていただきましたが、ディスクロードでもまともに使えるタイヤが

揃ってきたなぁ・・・と感じる2019シーズン。

 

 

それを思いながら、10年ほどの期間、本店に入荷させていなかったメーカーを今回新しく入荷させました!!

 

 

 

 

 

 

ビットリア   「 コルサシリーズ グラフェン2・0 」 です。

 

旧モデルのグラフェン1・0に関しても、良くなったなぁ・・・という感覚はありましたが、

このグラフェン2・0に変わってきてから劇的に変化しているということです。

 

このタイヤのサポートを受けている 「シマノレーシング」 のここ数ヶ月のレースを見ていると

雨のレースでも積極的に攻めていることがわかります。

 

 

タイヤは唯一の接地面ですから、タイヤの質によって 「 攻めることができるか、そうではないか 」 が

決まってきますし、これはレースだけではなく、ロングライドをされている方にも重要なことだと思います。

( 特に雨天時には。 )

 

 

 

 

 

転がり抵抗の数値をチェックし、良い数値が出ていた 「 コルサスピード チューブレスレディ 」。

 

近日中に試してみます。

 

 

10年ぶりくらいに、ビットリア を取り寄せたということで

今回特別に入荷分に関しては、15%OFFとさせていただきました。

 

8月〜9月にヒルクライムなどのレースがある方は、決戦用タイヤとして検討してみてください。

 

 

 

 

 

ちなみに ・・・・ もう一つのチューブレス。

 

コンチネンタル 「 グランプリ5000 TL 」。

 

こちらも全日本選手権で使っていたアマチュア選手が多かったタイヤの一つです。

 

非常にグリップ力の強いタイヤとなって進化してきました!!!

 

まだレースシーンでは、チューブラータイヤが主流となっていますが

チューブレスタイヤを使っている選手も多くなっています。

 

 

色んなメーカーのチューブレスタイヤが発売されていますので、詳しくはSTAFF KNTまで

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

 

ではでは・・・・・・また夕方アップします〜。

 

 

 

◎ お知らせ

 

 

◉  信頼の日本メーカー 【 ブリヂストンアンカー 】 ロード スタートキットプレゼントキャンペーン!!!

 ¥16000分のアクセサリープレゼント。 詳しくは 「 こちら 」 です。

 

◎   セール特集!! 今が一番お買い得です。

☆【 旧モデルセール!! ロードバイク 完成車編 2018年以前のバイク   2019年モデルも全て超特価!! 】

 

 

◉  ロードホイール 超特価セール開催中!!! 「 20~40%OFF 」 → 「 詳しくは店頭にて。 」

 

◉   2020ニューモデル 厳選・入荷バイクご紹介!!! → 「 こちらからどうぞ〜 」

 

 

☆ 【 どんなご質問でもお気軽にどうぞ。 フィンズお問合わせフォーム 】

新車のご購入を検討されているお客様、 修理・メンテナンスをご希望のお客様、

パーツ・アクセサリー・ウェアのお問合わせ、 ポジション・フィッティングのご相談など、

初めてのお客様もお気軽にご相談くださいm(__)m

 

 

◎ フィンズ オンラインショップ開始!!!!

https://fins1991.base.ec/

少しずつ商品点数をアップしていきます。 ¥10000以上購入で、送料無料!!!\(^o^)/

遠方の方は、ぜひご利用ください〜☆

載っていないものがあれば、メールでもご注文可能です。

↓ ↓

fins1991@major.ocn.ne.jp

 

 

 

 

お店の紹介 (シクロワイアード様) : http://www.cyclowired.jp/shop/node/184461

フィンズ HP  ・・・ http://www.cw-fins.com/

STAFF KNTのブログ ・・・ STAFF KNTの自転車塾

フィンズ Twitter ・・・ https://twitter.com/fins_staff

フィンズ FB ・・・ https://www.facebook.com/fins.nagaoka

フィンズ インスタグラム ・・・ https://www.instagram.com/cycleworksfins/?utm_source=ig_profile_share&igshid=2i6e5alz2w5e

 

スポーツバイクプロジェクト長岡 FB ・・・ https://www.facebook.com/スポーツバイクプロジェクト長岡-851414361632533/

越後長岡チャレンジサイクリング FB ・・・ https://www.facebook.com/encc.fp

新潟自転車乗り情報共有グループ FB ・・・ https://www.facebook.com/groups/381625862029267/

( 新潟県在住・出身者 、かつ 公開にてスポーツバイクの画像を貼りつけている方のみ参加OKとなります。

今現在980名ほどグループ内にメンバーがいます。)

よろしくお願い致します~(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。