走りが一番変化するパーツ 【 ホイール 】。 ロードホイール セール中です!!

おはようございます〜。

 

今日は天候も回復しまして、1日曇り空のようですね〜 ( ^ω^ )

 

3連休の最終日ということで、お疲れの方も多いと思いますので、ゆっくり過ごされるのもいいと思います。

元気いっぱい!!と言う方は、梅雨の貴重な晴れ間を利用して乗っちゃいましょう!! ٩( ‘ω’ )و

 

お店は、11:00 〜 19:00まで営業しておりますので、皆様のご来店お待ちしております。

 

 

さて・・・ 今週から毎週のように、自転車メーカーの展示会へ参加してきます。

お店は通常営業となりますが、2020年モデルの速報をアップしていきますので、

HPのほうもぜひぜひチェックをよろしくお願い致しますm(__)m

( 初回オーダー特典もあります。 )

 

 

今週は、キャノンデールのブランドキャンプとなります。

新型スーパーシックス が発表となりまして、なにやらもう1車種 新しいモデルが出るとか・・・。

速報もアップしますので、ご期待ください〜。

 

 

* 今週の営業は以下の通りです。

 

15日(月・祝) 11:00 〜 19:00

16日(火) 11:00 〜 20:00

17日(水) 定休日

18日(木) 以降は通常営業 11:00 〜 20:00 となります。

 

 

今現在、旧モデル セールを開催中となっております!!

 

【 旧モデルセール!! ロードバイク 完成車編 2018年以前のバイク 全て超特価!! 】

 

2019年モデルの一部も、クリアランスセールとなりました。

【 2019モデル ロードバイク クリアランスセール開始!! 】

 

 

引き続き、修理のバイクも受付中です。

他店ご購入の方も、そのままお預かりをさせていただきますので、バイクをお持ちください。

 

皆様のご来店お待ちしております。

 

 

 

さて・・・・ 本日はロードホイール  セール中!! ということで、

アップグレードをされたバイクをご紹介していきます。

 

 


 

 

ロードバイクのパーツの中で、変化を感じるパーツ トップ5というものがあります。

 

1位 ・・・ フレーム

2位 ・・・ ホイール

3位 ・・・ タイヤ・チューブ

4位 ・・・ コンポーネント(回転系パーツ含む)

5位 ・・・ ハンドル・ステム・シートポスト・サドルなど。

 

 

同じ金額をかけるなら、順位の高いものほど変化を感じることができるということです。

 

ただ・・・ 1・2位のフレーム・ホイールは価格が高額なので、なかなか手がでないと言う方も

多いと思います。 そんな方は、唯一の接地面である タイヤのアップグレードをしたり、

その次の回転系パーツのアップグレードをおすすめさせていただいております。

 

ついているパーツなどによっても、おすすめさせていただいておりますパーツが変わってきますので

お気軽にご相談のほどよろしくお願い致します( ^ω^ )

 

 

今日は、今現在 セール期間中の 「 ロードホイール  」 でアップグレードをされましたバイクを

2台ご紹介していきます。

 

 

 

 

 

まずはこちらのトレックのバイクは、マビックの一番人気ホイール 「 キシリウムエリートUST 」 を

取り付けさせていただきました!!!

 

 

 

 

 

ホイール価格は ・・・ 定価 ¥95000(税別) となっていまして、

この価格帯の中では最軽量クラスの、前後セット 1520g。

 

 

大人気のマビックのチューブレスタイヤ。

1本 ¥7500(税別) となっていますが、これが2本付属しています。

 

非常に軽量で、振動吸収性に優れているのでロングライドに最適です。

雨天時のグリップ力もそこそこ高いので、突然の雨でも安心して走行できると思います。

 

 

チューブレスタイヤは、体重によっても空気圧が変わってきますが、

5〜6気圧くらいまで下げることがおすすめです。

 

よりグリップ力も高まり、振動吸収性がアップします。

これからロードのホイールをアップグレードしたい・・・と思っている方におすすめですので

ぜひ店頭にてチェックしてみてください〜。

 

 

ありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

続きまして ・・・・

 

同じくマビックの 「 キシリウム プロUST 」 定価 ¥140000(税別)を

取り付けさせていただきました !!

 

 

 

 

 

スポークが1本イエローになっています。

 

キシリウムエリートと比べて、少しレーシーな感じにふっているので、剛性が高くなっています。

 

同じく¥7500のチューブレスタイヤが2本付属。

ホイール重量は、前後セットで1410g。 この価格帯の中でも最軽量クラスです。

 

 

 

 

 

ホイールを交換する際には、変速がずれてしまいますので必ず変速調整が必要となります。

 

ブレーキ面のチェック、シフトのチェックが必要となってきますので、

ご購入の際にはバイクをお持ちいただくことをお願いしております。

 

その際には、全体的にもチェックをさせていただきますので、

お気軽にお持ちください〜。

 

ありがとうございました!!!

 

 

店内ロードホイール のセールに関しては、ホイールによってもセール価格が変わってきます。

 

過去最高にお値段を下げさせていただいておりますので、狙っているお客様はご来店お待ちしております。

 

 

 

ではでは・・・また夕方アップします!!!!

 

 

 

◎ お知らせ

 

 

◉  信頼の日本メーカー 【 ブリヂストンアンカー 】 ロード スタートキットプレゼントキャンペーン!!!

 ¥16000分のアクセサリープレゼント。 詳しくは 「 こちら 」 です。

 

 

◉  ロードホイール 超特価セール開催中!!! 「 20~40%OFF 」

「 詳しくは店頭にて。 」

 

 

☆ 【 どんなご質問でもお気軽にどうぞ。 フィンズお問合わせフォーム 】

新車のご購入を検討されているお客様、 修理・メンテナンスをご希望のお客様、

パーツ・アクセサリー・ウェアのお問合わせ、 ポジション・フィッティングのご相談など、

初めてのお客様もお気軽にご相談くださいm(__)m

 

 

◎   セール特集!! 今が一番お買い得です。

☆【 旧モデルセール!! ロードバイク 完成車編 2018年以前のバイク 全て超特価!! 】

☆【 旧モデルセール!! ロードカーボンフレーム編 ホイール・コンポ同時購入でさらに割引!! 】

 

 

 

◎ フィンズ オンラインショップ開始!!!!

https://fins1991.base.ec/

少しずつ商品点数をアップしていきます。 ¥10000以上購入で、送料無料!!!\(^o^)/

遠方の方は、ぜひご利用ください〜☆

載っていないものがあれば、メールでもご注文可能です。

↓ ↓

fins1991@major.ocn.ne.jp

 

 

 

 

お店の紹介 (シクロワイアード様) : http://www.cyclowired.jp/shop/node/184461

フィンズ HP  ・・・ http://www.cw-fins.com/

STAFF KNTのブログ ・・・ STAFF KNTの自転車塾

フィンズ Twitter ・・・ https://twitter.com/fins_staff

フィンズ FB ・・・ https://www.facebook.com/fins.nagaoka

フィンズ インスタグラム ・・・ https://www.instagram.com/cycleworksfins/?utm_source=ig_profile_share&igshid=2i6e5alz2w5e

 

スポーツバイクプロジェクト長岡 FB ・・・ https://www.facebook.com/スポーツバイクプロジェクト長岡-851414361632533/

越後長岡チャレンジサイクリング FB ・・・ https://www.facebook.com/encc.fp

新潟自転車乗り情報共有グループ FB ・・・ https://www.facebook.com/groups/381625862029267/

( 新潟県在住・出身者 、かつ 公開にてスポーツバイクの画像を貼りつけている方のみ参加OKとなります。

今現在980名ほどグループ内にメンバーがいます。)

よろしくお願い致します~(^O^)

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。