マウンテンバイク熱 急上昇中〜。 試乗車貸し出しできます!! & お渡しのロードバイクをご紹介です。

おはようございます〜。

 

朝から仕事モードのSTAFF KNTです・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

本日は定休日となりますが、もりもり仕事全開で早朝からガヤガヤやっております・:*+.\(( °ω° ))/.:+・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

オフシーズンとなりまして、ローラートレーニングやZWIFTを頑張っている方や、

マウンテンバイクの熱が急上昇中の方が多くなってきております。

 

 

今週末にも角田浜トレイルへ行こうと思っていますので、マウンテンバイクに興味がある方は

試乗車もお貸しできますので、スタッフへ直接連絡か、下記のメールまでご連絡をよろしくお願い致します。

( メールアドレス : fins1991@major.ocn.ne.jp    )

 

 

ちなみに ・・・・

 

2019年も 【 長岡MTBフェス 】 を3戦開催させていただく方向で検討しております!!!

 

 

 

 

 

始めたばかりの女性の方でも、小さいお子様でも、ベテランライダーでも楽しめる、

超アットホームなマウンテンバイクイベント 【 長岡MTBフェスティバル 】 です!!!!

 

 

仲間と一緒に参加するもよし、子供と一緒に思い出を作るのもよし、

ソロクラスで頑張って走るのもよし、ボランティアとして参加するもよし。

 

 

本当に楽しいイベントですので、皆様ぜひチェックしてみてくださいね〜( ´ ▽ ` )

 

 

マウンテンバイクが気になっている方は、購入する前に一度試乗車で乗りに行きましょう。

初めての方もお気軽にご相談を〜。 よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

さて・・・ 今日は、お渡しをさせていただきます修理のロードバイクと、

ホイールをアップグレードさせていただきましたロードバイクをご紹介していきます。

 

 

引き続き、修理・メンテナンス・オーバーホールのバイクは、受付中ですので、

そのままお持ち込みください〜m(__)m

 

 

 


 

 

 

 

まずはこちらのGTのロードバイクは、ワイヤー交換、バーテープ交換、ヘッドの調整をさせていただきました。

 

 

 

 

 

シーズンイン前に、ワイヤー・バーテープなどの消耗部品を交換することで、

新たな気持ちで走り出すことができると思います。

 

 

2019年シーズンも、たくさん乗ってたくさん思い出を作っていきましょう!!!

 

ありがとうございました٩( ‘ω’ )و

 

 

 

 

続きまして・・・・

 

 

 

 

こちらのコルナゴのロードバイクは、ホイールをアップグレードさせていただきました!!!

 

 

 

 

 

ホイールはフルクラム・レーシングゼロ。

 

ホイールの振れ取り・センターだしをきっちり出して、ブレーキ調整・変速調整もさせていただきました。

 

フルクラム・カンパニョーロのホイールは、初めの500kmくらいでハブに馴染みが出てきて

ガタが出てきます。 調整は無料でやっておりますので、ガタガタしてきたらお持ちくださいね〜。

 

 

 

 

 

 

タイヤは、最強クリンチャータイヤ 「 コンチネンタル グランプリ5000 」。

 

リム幅に合わせて、タイヤのサイズを25Cに変更しました。

 

グリップ力の高さ、転がり抵抗の低さ、振動吸収性など、全てにバランスが良く、

今販売されているタイヤの中でもトップクラスの性能を持っています。

 

 

シーズンインの新しいタイヤは、ぜひグランプリ5000をチェックしてみてくださいね〜。

 

 

ありがとうございました!!!!

 

 

ではでは・・・・また明日、アップします〜。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。