ブリヂストンアンカー 【 RL6W SPORT 】 女性ロード。 & 修理・メンテナンスのバイクご紹介。

本日2回目の書き込みです。

 

 

なんだか憂鬱になる3連休の天気予報となっていますが、

来週も3連休なので次にかけましょう・・・笑

 

明日、SDA王滝やツールド東北などのイベントに参加されるお客様は

天候が悪いところもあるかと思いますが、気をつけて走ってくださいm(__)m

 

 

今日は、 「 雨で乗れないよ〜 」 とご来店されたお客様から、雨でも乗っている私へ・・・・

「 こんな天気だと、ディスクロード欲しくなるね 笑 」 と、いうお話もでました・・・( ̄∀ ̄)

 

一台あると、のんびり走ったり、雨の中で走ったり、ちょっとした悪路を走ってみたり・・・

いろんな使い方ができちゃいます。

 

 

店内にも数台のディスクロード、シクロクロス、ツーリングバイクが展示していますので

ぜひぜひ雨用? のんびり用? にチェックしてみてください〜。

 

 

さて、今日はお渡しさせていただきます女性用ロードバイクと、

修理をさせていただきましたロード&クロスバイクをご紹介していきます。

 

 

 

 


 

 

 

 

まずは・・・・

カラーオーダーをいただきましたブリヂストンアンカーの女性用ロードバイクのご紹介です。

 

 

アンカー 【 RL6W SPORT 】 ¥155000(税別) です。

 

自分だけの一台を作れる 「 アンカー カラーオーダー 」 でご注文をいただきました。

 

 

 

 

 

 

カラーリングは、マットレッド。

このカラーの指定でオーダーをいただきました。

 

 

 

 

 

 

コンポーネントは、シマノ ティアグラのフルセット。

女性モデルということで、クランク長は165mmをチョイスしています。

 

ハンドル幅や、ステム長、ワイヤーのカラーリングや、サドル・バーテープのカラーなども

自分でチョイスすることができます。

 

いろんなバイクを見たけど ・・・・ 自分の好みのカラーリングがない・・・と思っている方は、

自分だけの一台、作ってみませんか??

 

 

オーダーいただきまして、ありがとうございました!!!

自分だけのバイクで、いろんな楽しい思い出を作ってくださいね〜♪( ´θ`)ノ

 

ありがとうございました!!!

 

 

 

 

続きまして ・・・ 修理のバイクを2台ご紹介していきます。

 

修理・メンテナンスのバイクは、引き続き受付させていただいております。

そのままバイクを預かれますので、他店ご購入のお客様もお気軽に修理にお持ちください。

 

 

 

 

 

 

こちらのトレックのクロスバイクは、当店でご購入していただきましたバイクですが、

3年くらい乗っていなかったということで、これから乗り始めるために修理をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

ワイヤー交換、ブレーキシュー交換、チェーン交換など消耗部品を交換させていただきまして、

使えるものはそのまま使用。

 

 

 

 

また乗り始めて楽しくなってきたら、タイヤ・チューブや、グリップなども交換しちゃいましょう。

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 

 

 

こちらのトレックのロードバイクも、消耗部品関係を交換させていただきました。

 

非常に綺麗に乗っていただいていまして、ピカピカでした。

 

 

 

 

 

ワイヤー、バーテープなど、交換をさせていただきまして、

新車同様の仕上がりになりました。

 

 

ロードバイクに乗るのに最高の時期に突入していますので、

たっぷり乗ってくださいね〜。

 

 

ありがとうございました!!!!!

 

 

 

ではでは・・・・また明日、アップします。

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。