MTBのハブ グリスアップ。 & 引き続き修理・オーバーホール受付しています〜(^O^)

本日2回目の書き込みです。

 

あと1週間ほどは寒い日が続きそうですが、2月最終週から3月初めは

一気に気温もアップし、天気も良くなってくるようですよ〜( ´ ▽ ` )ノ

 

雪がたっぷりなので、走るところも限られてしまいますが

自転車の準備はバッチリにしておきましょう!!!

 

 

引き続き、修理・オーバーホール・アップグレードなど受付しております。

 

予約なしでそのままバイクをお持ちいただいても結構です。

 

宜しくお願い致します(^O^)

 

 

 

今日はオーバーホールでお渡しのバイクと、MTBをガンガン乗っている方へ

ベアリング部の注意点のお話です。

 

 

 

 

 

まずは、こちらのFELTのバイクはフルオーバーホールをさせていただきました。

 

 

 

 

タイヤは新しくブリヂストンのRR2X。

 

トレーニング用タイヤの中でもグリップ力の高いタイヤです。

 

ミドルグレードでは、ゲキ押しです。

 

 

 

 

 

 

バーテープはロングライド派の方に大人気のボントレガーのバーテープ。

 

シンプルながらもクッション性が高いバーテープです。

 

カラーリングも豊富なのでぜひチェックしてみてください〜。

 

2018年シーズンも頑張って乗りましょう!!

ありがとうございました(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・・ MTBを頑張っている方、水洗いをよくすると思いますが

ベアリング部には要注意です。

 

 

こちらは、ハブからゴロゴロと音がなっていたMTBのハブです。

 

 

バラしてみると ・・・・

 

 

 

 

グリスも抜けていて、あと少しでボールの玉押しがダメになるところでした。

 

今回は、ホイールのハブのグリスアップと、ヘッドのベアリング、BBのほうもチェックさせていただきます。

 

ホイールのハブは、洗浄し専用グリスをたっぷりと(これでもかというくらい)入れて

調整していきます。

 

2018年シーズン、ロードも、マウンテンバイクも、クロスバイクも含め

たくさん乗られる方は、3月に入る前にぜひバイクチェックをしておきましょう。

 

 

ちなみに ・・・・

 

当店で購入していただきました自転車に関しては、簡単な調整は全て無料でやっています。

 

何か調子が悪い部分などありましたら、お時間がよろしい時にご来店をお待ちしております。

 

* 3月中旬以降は、新車の組み立てが多くなりますのでお早めにどうぞ〜。

 

 

 

 

ではでは・・・また明日アップします!!

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。