カラーパーツで遊ぶオーバーホールのバイク。 回転系パーツのアップグレードもおすすめです。

朝からミゾレ混じりの雨がポツポツと降っていて、今は粉雪が降っている長岡です。

 

少し早めの雪となりましたが、来週あたりはまた15℃ほどまで最高気温が

上がってくれるようなので、ぎりぎり雪が積もるまで乗ろうと思っています(*^^*)

 

 

今日は朝ローラー練習会をお店で初開催しました。

この模様はまた後でアップさせていただきますので、お楽しみに〜m(_ _)m

 

通常、一人でやると30〜45分で嫌になる方も、1時間きっちりできました。

みんなでメニューを決めてやることで、あっという間に時間が過ぎて

トレーニングができますので、次回開催の際は、

ぜひご参加のほうよろしくお願い致します(*^^*)

 

 

 

さて・・・ 今日はオーバーホールのバイクを2台ご紹介していきます。

 

 

 


 

【 カラーパーツで遊ぶオーバーホールのバイク。 】

 

 

まずはこちらのバイクから。

 

 

 

 

こちらのFELTは、フルオーバーホールをさせていただきまして、

消耗部品関係 (ワイヤー・バーテープ・チェーン・ブレーキシューなど)を交換させていただきました。

 

 

 

 

 

アップグレードの基本となっております 【 回転系パーツのアップグレード 】。

 

BB ・ プーリーはその代表格であります。

 

実際に走行してみると、10万円くらいのホイールに交換したくらいの

体感ができると思いますので、(上りでギア2枚位軽くなります)

ぜひこのオーバーホールでアップグレードをご検討よろしくお願い致します。

 

※ オーバーホールの際にアップグレードすることにより、取り付け作業料金がかからず

オーバーホール料金のみでいけますので、お得です。

 

 

 

 

 

ハンドル回りもこだわりを。

 

NITTOのハンドルを使用されている方は 「 NITTOじゃないとダメ 」 と

こだわりがある方もいらっしゃいます。

 

バーテープは、ここ最近 人気のボントレガー ゲルコルク。

クッション性抜群で、ロングライドの方に大人気のバーテープです。

 

 

 

 

 

サドルは、こちらも大人気のスペシャライズド 【 ローミンEVO 】。

 

色んなサドルがありますので、自分にピッタリ合うサドルをこの冬のローラートレーニングで

探してみるのもオススメです。

 

試乗用のサドルもたっぷりご用意しておりますので

迷われている方は、ご来店お待ちしております(^o^)

 

 

ピカピカになりましたので、来シーズンも頑張って走りましょう!!!

ありがとうございました〜\(^o^)/

 

 

 

続いては ・・・

 

 

 

 

 

こちらのピナレロのロードバイク。

一番人気の 「 GANシリーズ 」 です !!

 

こちらのバイクもフルオーバーホールをさせていただきました。

 

 

始めに紹介させていただきましたFELTのバイクもそうでしたが、

【 シマノ ・ カンパニョーロ ・ フルクラム 】 などのホイールを

ご使用の方は、ベアリングの形式が 【 カップ&コーン 】 というものに

なっておりますので、しっかりと洗浄・グリスアップをしてあげなければいけません。

 

今回も全部バラして、洗浄・グリスアップ・フレ取りをさせていただきました。

 

 

 

 

 

バーテープはお馴染みのボントレガーのゲルコルク。

 

ワイヤーのカラーは、カラーチョイスできますのでご用命ください。

色んなカラーパーツをいれながら、オーバーホールの遊びをしている方が多くなっています。

 

ワイヤー、バーテープ、BB、ボトルケージのネジなど。

色んなカラーパーツがありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

ギア比は ・・・ コンパクトクランク 50・34 の、 リアは 14−28 です。

 

下りではあまり踏まない ・・ という方は、14トップでもいいかもしれませんね。

 

利点は ・・・ 14〜28の間が極端に飛ばないで、つながっていることです。

足の負担も軽減できます。

 

 

 

という感じで、バッチリ完了です。

また来シーズンもたくさん乗ってください〜\(^o^)/

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 

ではでは・・・また夕方にアップします。

 

 

 

◎ お知らせ

 

☆ 【 どんなご質問でもお気軽にどうぞ。 フィンズお問合わせフォーム 】

新車のご購入を検討されているお客様、 修理・メンテナンスをご希望のお客様、

パーツ・アクセサリー・ウェアのお問合わせ、 ポジション・フィッティングのご相談など、

初めてのお客様もお気軽にご相談くださいm(__)m

 

 

☆ 【 冬期オーバーホールの予約受付中!! 11月〜3月まで。 修理はいつでもお持ちいただけます!! 】

毎年恒例となりました冬期オーバーホールの予約を受付中です。

ご予算に合わせたオーバーホールをご提案させていただきます。

パーツのアップグレードもこの時期にやることで作業料金もお安くなりますので

ご相談をお待ちしております!! 通常の修理やメンテナンスは、いつでもお持ちいただけます。

他店ご購入の方もお気軽にお持ち込みください。

 

 

◎  【 チームジャージ・サイクリングキャップ オハサイ・レース班 予約開始!! 】

オハサイ・レース班のチームジャージ・サイクリングキャップなどの予約を開始いたします。

申し込み締め切りは、12月30日(日)の年内最終営業日までとなりまして、納期は3月ごろとなります。

半袖ジャージ(薄手の長袖もあり)、レースパンツ、サイクリングキャップ、ウィンドベストと

各種受付しておりますので、来年からオハサイへ参加したい方や、一緒のチームジャージで

イベントに参加される方は、この機会によろしくお願い致します。 価格・詳細は ↑  のリンクをチェック!!

 

 

 

◎   セール特集!! 今が一番お買い得です。

☆【 年末決算前セール!! ロードバイク 完成車編 2018年以前のバイク 全て超特価!! 】

☆【 年末決算前セール!! ロードカーボンフレーム編 ホイール・コンポ同時購入でさらに割引!! 】

☆【 人気上昇中のマウンテンバイク!! 2018年以前のモデルはセール中です!! 】

 

 

◎ 【 ビンディングシューズ 大特価セール 開催中〜。 】 

初めてのビンディングシューズの方から、最高峰のトップモデルまで。早いもん勝ちです!!

 

◎ 2019 ロードバイク おすすめ・厳選 ピックアップ パート1。

「 こちらから 」

 

◎   2018・2019 クロスバイク・E-BIKE 店頭在庫分ピックアップ。

「 こちらから 」

 

 

◎ フィンズ オンラインショップ開始!!!!

https://fins1991.base.ec/

少しずつ商品点数をアップしていきます。 ¥10000以上購入で、送料無料!!!\(^o^)/

遠方の方は、ぜひご利用ください〜☆

載っていないものがあれば、メールでもご注文可能です。

↓ ↓

fins1991@major.ocn.ne.jp

 

 

 

 

お店の紹介 (シクロワイアード様) : http://www.cyclowired.jp/shop/node/184461

フィンズ HP  ・・・ http://www.cw-fins.com/

STAFF KNTのブログ ・・・ STAFF KNTの自転車塾

フィンズ Twitter ・・・ https://twitter.com/fins_staff

フィンズ FB ・・・ https://www.facebook.com/fins.nagaoka

スポーツバイクプロジェクト長岡 FB ・・・ https://www.facebook.com/スポーツバイクプロジェクト長岡-851414361632533/

越後長岡チャレンジサイクリング FB ・・・ https://www.facebook.com/encc.fp

新潟自転車乗り情報共有グループ FB ・・・ https://www.facebook.com/groups/381625862029267/

( 新潟県在住・出身者 、かつ 公開にてスポーツバイクの画像を貼りつけている方のみ参加OKとなります。

今現在940名ほどグループ内にメンバーがいます。)

よろしくお願い致します~(^O^)

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。