パイオニア ペダリングモニターキャンペーン開始!! & オーバーホール・アップグレードのバイクご紹介。

おはようございます!!

 

今日は暖かい一日になりそうです\(^o^)/

 

最高の紅葉ライドになりそうなので、ぜひいろんなポイントに走りに行きましょう!!

 

 

 

まずは、お知らせからです。

たくさんありますので、箇条書きで ・・・。

 

・ オーバーホール、アップグレード、修理など、2月後半までの予約が埋まりましたが引き続き受付中です。

・ お客様ご紹介キャンペーン 11月26日まで。

・ フィンズ 大忘年会 参加者募集中!! 今現在 103名です。 初参加の方、大歓迎〜☆

・ ブリヂストンアンカー 2018モデル 早期予約特典 11月末まで。

 

 

 

そして、以前からご紹介しておりました、 【 パイオニア ペダリングモニターキャンペーン 】 の

お知らせです。

 

 

 

 

 

【 パイオニア 2017 ウィンタートレーニングサポートキャンペーン 】

 

 

パワーメーターのお問い合わせが多くなっていますが、

毎年恒例?となりました、パイオニアのキャンペーンのお申込みが開始となります。

 

新しい 「 Zシリーズ 」 のセンサー(¥129600)をご購入すると ・・・

サイクルコンピュータ(¥29800)が無料になるキャンペーンとなっています。

 

全国的にもかなり問い合わせが多くなっているので、

お時間が掛かる可能性もございます。

 

冬場のローラートレーニングでのご使用をご検討されている方は、

お早めのお申込みをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

お申込みは店頭のみとなります。

 

ご来店をお待ちしております。

 

 

パワーメーターに関して、どのメーカーを選んだほうが良いのか ・・・・

悩んでいる方は、STAFF KNTまでご相談をよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

乗り方・使用方法、バイクの仕様や、手持ちのサイクルコンピュータなどによっても

オススメのパワーメーターが違ってきます。

 

ご予算に合わせても相談できますのでよろしくお願い致します。

 

 

 


 

【 オーバーホール ・ アップグレードのバイクをご紹介 !! 】

 

 

まずはこちらのバイクからです。

 

 

 

こちらのCAAD10は、フルオーバーホールをさせていただきました。

 

ワイヤー、ブレーキシュー、バーテープなど消耗部品を交換させていただきました。

 

 

 

 

バーテープは大人気のスパカズ。

 

オーバーホールの時期になりますと、欠品してしまうほど大人気のスパカズですので

もうすでに 「 これが良い!! 」 と思うカラーをご購入している方も多くなっています。

 

一度、欠品してしまうと2・3ヶ月ほどかかってしまうこともありますので

今のうちのご購入をオススメしています。

 

 

 

 

 

細かいところで ・・・ ボトルケージのネジ。

 

カラーモノで見た目をかっこよく。

人気の商品なので、ぜひチェックしてみてください〜。

 

来シーズンもたくさん乗ってください〜(^o^)

ありがとうございました!!!!

 

 

 

続きまして・・・

 

 

 

 

こちらのトレックのバイクは、ウィッシュボーンのセラミックBBに交換させていただきました!!

 

かなり回転が良くなると大好評です。

 

価格は¥18000(税別)となっておりますが、

ホイールを交換したくらいの軽さが手に入ります。

 

 

ご予算内でのアップグレードも相談に乗りますので

ご検討よろしくお願い致します〜。

 

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 

ではでは・・・また夕方アップします。

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。