この週末人気でした商品をピックアップ!! ミニワイヤー、カペルミュールウェア、ツールケースなどなど。

この週末は天気もよく乗られた方も多かったようですね〜(*^^*)

 

ご来店いただきましたお客様も少しずつ多くなってまいりまして、春を感じるようになりました。

 

まだ乗り始めていない方は、今週末はもう4月なので走り始めましょう〜!!

 

 

さて・・

この週末に人気でした商品をピックアップしていきます。

 

この時期に 「 あったらいいなぁ〜 」 と思う商品ですので

ぜひぜひチェックしてみてください〜m(_ _)m

 

 

まずは・・・

 

 

IMG_4767 IMG_4768

 

 

春先のグローブは ・・・ 薄手の指付きグローブがオススメ。

 

個人的におすすめのグローブは ・・・ スペシャライズド 「 グレイル 」。

 

パッドの位置が真ん中にありますが、これがまたレバーにフィットして

最高のパフォーマンスを発揮させてくれます!!

 

ロングライドでも腕のしびれを軽減してくれますので

ぜひチェックしてみてください〜(*^^*)

 

 

ちなみに ・・・

 

IMG_4769

 

 

女性モデルもあります。

 

サイズを取り揃えておりますのでよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

 

 

続きまして・・・

 

 

IMG_4738 IMG_4739 IMG_4747 IMG_4748 IMG_4749 IMG_4750

 

 

大人気のカペルミュールの春夏モノのウェア・アクセサリーが入荷してきました。

 

ジャージのほうは、なかなか在庫にならないモデルがあったりと

入手しにくくなっておりますが、週に一度チェックしながら

新しいモデルを入荷させています。

 

 

サイクリングキャップは、これからの紫外線の強い時期には最適なアイテムです。

 

ヘルメットの下に被って、目に入る紫外線をカットさせましょう。

 

 

ぜひ人気のカペルミュールをチェックしてみてください〜!!

 

 

続きまして ・・・

 

 

IMG_4792 IMG_4793

 

 

ロングライド時にランチタイムに行かれる方は、このワイヤーがベスト!!!

 

長さは180mm。

樹脂の外側の中には、小さいリング状のワイヤーが入っているため、

小さくて細いながらも、かなり強く作られております。

 

そして、コンパクトにたためるところもポイントです。

 

前輪後輪をまとめてかけることが出来ますので、

トイレタイムや、コンビニタイム、ランチのときなど、

色んな時に使用してください〜。

 

 

 

IMG_4794

 

 

乗った後には、しっかりとクリーニングを〜。

ということで、簡単掃除のウェス。

 

チェーン用、ボディ用あります。

 

乗った後、パパパパ〜っと拭くだけで、愛車をしっかりと守ります。

 

チェーンが汚れてきた方や、フレームが汚れている方はぜひチェックしてみてください〜。

 

 

 

最後は・・・大人気のこちら。

 

IMG_4609 IMG_4611

 

 

イタリアンメーカー 「 ビットリア 」 のツールケースです。

 

この中に予備チューブ、ミニポンプ(小さいもの)、タイヤレバー、携帯工具、ミニワイヤーなど

入れて、ボトルケージにさせばオシャレなパンク修理キットの完成です(*^^*)

 

サドルバッグよりも低価格で、スタイリッシュなので

こちらを使われる方も多くなっています。

 

夏場はツーボトルになるため、サドルバッグがオススメですが、

今の時期はこちらのツールケースで、かっこよく走りましょう〜\(^o^)/

 

 

 

では、商品紹介は以上です。

 

 

またアップします!!!!

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。