2019 佐渡国際トライアスロン

9月1日(日)に行われた、佐渡トライアスロンに参加してきました。

実に26年ぶりでした!

トライアスロンが各地で始まったころ、県内は能生町でトライアスロンがあって、お客さん達と参加したのが始まりでした。

もう30年以上前の話です。

新潟県でも能生町、謙信流、越後七浦、佐渡、村上と5つもの大会がありました。

今考えると嘘みたいですけどねぇ。

その後、仕事が忙しくなってしばらく遠のいていましたが、4年前に石垣島トラから再開しました。

今回は久しぶりのハーフタイプなので、焦らずゆっくりと、と思いながらスタートしました。

Aタイプのスタートの時にはそれほどでもなかった海が、私たちがスタートする頃にはだんだん波やうねりが出てきて、泳ぎにくくなりました。

呼吸するときに海水を飲んでしまったり、どこを泳いでいるのか分からないので、平泳ぎに変えたり、慌ててしまって心臓がバクバクでした。

焦るな焦るなと自分に言い聞かせてましたが、このままリタイヤかな?という思いもありました。
あとで考えると失敗の原因は他にもあったのですが・・・。

フラフラでスイムを何とか上がり、バイクはロングライドで毎年走っているので問題無く、ちょっと安心しました。

ランもエイドを繋ぎながらゆっくり走り、何とか完走することが出来ました。

いつまでたっても、勉強することが多いトライアスロンでした。

 

   

  

  

この記事を書いた人

アバター
遠藤 剛サイクルワークス Fin's社長
1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
アバター

遠藤 剛

1973年,「エンドウサイクル」として長岡市春日町で創業。しばらくしてスポーツ車をメインとしたショップ経営を目指す。1991年にアウトドアショップ「パーマーク」の先代社長と一緒に宮内に移転、店名を「サイクルワークス Fin's」に変更、現在に至る。2013年にお客様がゆったりとくつろげるクラブハウスの増設(普段はこちらにいます)。メカニック&レーサーとして日々お客様に情報を提供し続けている。