シマノ最高峰シューズ 【 RC9 】試し履きセット。 & イントロ グローブ・ウィッシュボーンBB再入荷!!

本日2回目の書き込みです。

 

1日中、大掃除・棚卸し作業をスタッフ全員でやりましたが・・・・

まだ4割ほどのところまでで、ストップしております ( ̄∀ ̄)

 

明日はそこに雪かきという大きな仕事が入りながらの作業となりますが

明日で全てを終わらせることができるようにダッシュで進めていきましょう〜。

 

 

さて・・・・今日はたっぷりと入荷商品がありましたが、少しずつご紹介していきますね〜٩( ‘ω’ )و

 

 

 

まずは・・・・ 年末年始に向けて、 「 シマノ最高峰シューズ 」 の

試しばきイベントを開催させていただきます!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

女性のお客様でも履くことができるサイズ、22・5cm   〜 大きな足の方の30cmほどまでのサイズを

全てカバーしています、ご試着用の 「 RC9 試着用シューズ 」 が入荷してきました!!!!

 

 

私自身、今現在、このシューズを履いていまして、

今年のツールドおきなわも、このシューズで走りきりました。

 

フィット感に優れ、パワーロスも少なく、軽量なのでペダルを回すことが楽になります。

 

最速店長選手権では、おそらく一番人気のシューズだったと思います。

 

試着期間は、1月6日(日)まで。

( 少し早めに送り返すかもしれません。 )

 

 

気になるお客様はぜひこの機会にご試着をよろしくお願い致します。

今回、ご購入されるお客様には(予約を含む)、クリートプレゼント(シマノ・LOOK・タイム)と ・・・・

お好きな補給食 ¥2000分(店頭在庫分)をサービスさせていただきます。

 

この機会にぜひご試着をよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

 


 

続きまして ・・・・

 

 

 

 

 

 

オーバーホール時のアップグレードで一番人気のウィッシュボーンのセラミックBB。

 

スタンダードなねじ切りBBが再入荷してきました!!!

 

価格は¥18000(税別) で、軽量なホイールに交換したくらいに足が軽くなります。

 

一緒にプーリーもセラミックに交換してあげれば、より軽く感じると思いますので

ぜひセットで交換しちゃいましょう〜。

 

ご予算内でのアップグレードの相談も多くなってきました。

シーズンインとともに走り出せるように、早めにメンテナンスをしておきましょうね〜٩( ‘ω’ )و

 

 

 

 

 

 

 

続きまして ・・・・ 最強グローブメーカー。

 

グローブ専門メーカー 「 イントロ  」 から大人気の冬用グローブが再入荷してきました!!!!

 

画像は、内側にクールマックスを使用していて、蒸れにくい最高グローブ、

「 トリガー3 」 ¥8500(税別) です。

 

寒くてもたくさん乗りたい方は、もうこれで決まり。

これ以上は今の所ないと思います。 サイズ感が若干違ってきますので

ご試着の上ご購入をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

続いて・・・・入荷してきてあっという間になくなってしまいました極厚パッドの

冬物グローブ ・・・・ 「 スティンガー5 」 ¥8000(税別) です。

 

 

 

 

 

なんたって、パッドが厚い。 極厚です。

 

寒さにも強く、ロングライドには最高です!!!!!

 

 

そして・・・・ このグローブも、上のトリガー3も、

イントロのグローブのほとんどが、タッチパネル対応です。

 

グローブをしたまま、スマホでカメラを撮影できます。

 

 

やっぱりグローブは、グローブ専門メーカーに限る!!!!

 

この冬のライドは最高峰のグローブをぜひ。

 

 

 

 

ではでは・・・・また明日、アップします〜。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。