カンパニョーロ ホイール 【 BORA ONE & ZONDA 】 & 修理・メンテナンスのロードバイクご紹介です。

おはようございます〜。

 

 

2日間のお休み、ありがとうございましたm(__)m

 

 

あと今年も3週間を切りまして、皆さん大掃除やお仕事でバタバタしていると思いますが、

今週末は晴れる?予報となっております〜!!

 

昨日、アップさせていただきましたが 「 こちら 」 、 今週末は角田浜トレイルで

【 整備(ゴミ拾い) & ライド 】 に行きましょう。

 

土曜日はライドのみ。 日曜日はゴミ拾いからライドとなります。

現地集合8時で、お店から一緒に行く方は6時20分までにお店までよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

そして・・・ 今週末は通常営業となります。

 

 

先週から始まりました 【 年末決算特価セール 】 のほう、数台のご予約を頂きまして

少しずつ更新していきますので、上記のリンクよりチェックしてみてください〜。

 

ロードカーボンフレーム  ・ MTBの情報も下記にリンクを貼っておきます。

 

☆【 年末決算前セール!! ロードカーボンフレーム編 ホイール・コンポ同時購入でさらに割引!! 】

☆【 人気上昇中のマウンテンバイク!! 2018年以前のモデルはセール中です!! 】

 

 

1年で一番お買い得な年末セールですので、初めての自転車ご購入を検討されている方や、

買い替えを考えているお客様は、ぜひこの機会にご来店をお待ちしております!!!

 

 

 

今日はお渡しさせていただきますロードホイールと、修理・メンテナンスをさせていただきましたバイクを

ご紹介していきます。

 

 

 


 

 

 

 

まずは・・・こちらのスコットのロードバイクは、消耗部品交換をさせていただきました〜。

 

 

 

 

 

ワイヤー、ブレーキシュー、バーテープと  ・・・・・

 

 

 

 

 

チェーンを交換させていただきました。

 

街乗りロードに変化させるということで、ペダルもフラットペダルへ交換し、

泥よけなども取り付けさせていただきます。

 

 

少し乗るとワイヤーの初期伸びが出ますので、いつでも調整に来てくださいね〜( ´ ▽ ` )

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 


 

 

 

 

こちらのカンパニョーロのホイールは、2セット共に、振れ取り・センター出し・ハブ調整を

完了させまして、お渡しの準備をさせていただきました。

 

 

 

 

 

いろんなメーカーがこのように 「 ファイナルインスペクションチャート 」 といった、

「 各メーカーでの最終チェック 」 をしていると思いますが、正直なところフレが出ていたり、

センターも出ていないものが多く、最終チェックは全てお店でやらせていただいております。

 

 

カンパニョーロのホイールの場合は、リアのホイールのセンターが出ていないものがかなり多く

今回のこの2セット共にずれていました。

 

 

 

 

 

シマノ・カンパニョーロ・フルクラム。

この3社の特徴は ・・・ カップアンドコーンのベアリングシステムを採用しているところです。

( カンパ・フルクラムは、上位モデルのみ )

 

カンパニョーロは、このZONDAからカップアンドコーンが採用されています。

 

カップアンドコーンのベアリングシステムの場合、グリスを入れるため乗り始めたあと

軽く 「 なじみ 」 が出てくるため、 「 ガタ 」 が発生します。

 

一番初めにこのガタを見越して、少しきつめに調整をしているショップもあるようですが

これに関してはベアリング・レースを傷つける可能性もありますので、お勧めできません。

 

カップアンドコーンを採用しているホイールでガタが出て来たら、簡単に調整できますので

すぐにお持ちくださいm(__)m   ( 1度調整すれば、再度バラすまでそのままでOKです。)

 

 

 

 

 

大人気のBORA ONE。

 

ベアリングは、USB(ウルトラスムースベアリング)を採用していて、

セラミック製のベアリングを使っています。

 

非常に回転も良く、足を軽く回しているだけでも、惰性でそのまま走り続けてくれるため、

長時間のライドでも非常に快適に走ることができます。

 

重量も軽いので、オールマイティーに使えるカーボンロードレースホイールですね。

 

 

 

こちらのBORA ONEもなじみが出てきましたらガタが生まれますので、

ガタガタしてきたら調整に来てください〜。

 

 

 

ちなみに ・・・・ 個人的なワンポイント。

 

ワイヤー交換や、カップアンドコーン採用のホイールを使用している方へ。

 

冬場のローラー台で、ある程度の 「ワイヤー初期伸び」 や 「ホイールのなじみ」を

出しておくことをお勧めします。

 

冬場のローラー台でこの作業を行うことで、シーズン中にメンテナンスが必要なくなります。

 

クリートを新しいものに交換するのも、この冬がおすすめ。

春先に交換した場合、少しでもずれている時に痛みが発生します。

 

 

このオフシーズンで、バイクのメンテナンスはもちろんのこと、

「 初期伸び・なじみ出し 」 「 クリートチェック 」 「 バイクのポジション出し(バイクを新しくした方)」を

全てやっておくことで、すっきりとシーズンインができると思います。

 

 

できる限り早めのメンテナンスと、各部のチェックをよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

修理・メンテナンス・オーバーホールなどは、バイクをそのままお持ちいただいても結構です。

他店ご購入のお客様もお気軽にご相談をよろしくお願い致します。

 

 

 

ではでは・・・・・また夕方アップします〜。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。