マウンテンバイクの油圧ディスクブレーキ オイル交換。 & オーバーホールでお渡しのバイクご紹介。

おはようございます〜。

 

これからローラー練始めます〜d( ̄  ̄)

 

今日はメガ盛りツアーです。 メガ盛りだけ参加も可能ですので、

10時45分ごろにお店に集合でよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

 

 

今日は、ラスボスの 「 野菜炒め定食 大盛り 」 を食べようと思います・・・笑

 

一応、タッパを持参して残ったら・・・お持ち帰りします( ̄∀ ̄)

 

 

 

今日はオーバーホールでお渡しのバイクのご紹介と、

マウンテンバイクの油圧ディスクブレーキのオイル交換作業のご案内です。

 

 

 


 

 

まずは、マウンテンバイクの油圧ディスクブレーキのオイル交換のお話から。

 

 

 

 

 

 

昨日のオープン前の作業でしたが、お客様のマウンテンバイクのオーバーホールの作業を進めていました。

 

画像は、油圧ディスクブレーキのオイル交換の作業から。

 

オイルの色が変わっています。 オイルが劣化している証拠で、この状態で走り続けると

ブレーキ全体が故障の原因となります。

 

 

 

 

 

劣化したオイルを落としていきます。

 

新しいオイルの補充をしながら。

 

 

 

 

 

シマノのミネラルオイルの色は、元々ピンク色になっています。

 

油圧ディスクブレーキのオイル交換をしばらくされていない方は、このオフシーズンに

やっておくことをおすすめします。

 

マウンテンバイクは比較的、水洗いをされている方が多いと思いますが

ベアリング部のグリスが抜けていたり、ブレーキオイル・パッドの交換が必要なものや、

チェーンの磨耗が激しいバイクもちらほらあります。 ( 特に王滝へ参戦されている方は。 )

 

やっておいたほうが良い部分だけのチェックもさせていただきますので

バイク持参でよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

 

続きまして ・・・

 

 

 

 

こちらのキャノンデールのスーパーシックスEVOは、フルオーバーホールをさせていただきました。

 

 

 

 

 

フレームはガラスコーティングでピッカピカに。

 

コーティングをすると、汚れも簡単に落ちますし、色あせ防止にもなります。

 

 

 

 

 

いろんなパーツが、カラーカスタムされていまして、参考になりますね〜。

 

ワイヤーは、ブルー・グリーンでマッチさせて、フレームカラーに合わせ

バーテープは定番のスパカズをチョイス。

 

 

 

 

 

ホイールは、ハブもしっかりとオーバーホールをして回転も良好に。

 

タイヤチューブも交換。

コンチネンタル グランプリ 、 チューブはスペシャライズドの軽量チューブ。

 

 

これでバッチリです。

 

12月も乗れる日が多そうなので、乗れる日を探してみて乗ってくださいね〜d( ̄  ̄)

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 

ではでは・・・・また後で、メガ盛りツアーの様子をアップします〜( ̄∀ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。